2014年1月31日金曜日

エシレバターを使ったお菓子を食べる (2)

引き続きエシレバターを使ったスイーツのご紹介です。



台湾のお菓子に比べてインパクトが薄いと思いますが、エシレバターを使ったクレープです。(エシレバターのHPはコチラ

こちらはでも、まだ食べたことがありません。
小麦粉もフランス産をベースに使っているんだそうです。



GELATO PIQUE CAFE  (HPはコチラ


渋谷という場所柄、なかなか行く機会がないのですが(遠いわけではないのですが、、)
シンプルなバターのクレープ、エシレバターの風味が活きて、美味しそうですよね~~。

渋谷ヒカリエShinQs 内のカフェだそうです。

食べたことがある方、どんなだったか教えて下さ~い!

(chi)

 人気ブログランキングへ ←こちらも1クリックで応援ください

↓楽しんで頂けたらこちらも1クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ

2014年1月30日木曜日

エシレバターを使ったお菓子を食べる

表参道にできた台湾菓子(鳳梨酥:パイナップルケーキ)屋さんに足を運んだのですが、
台湾菓子だというのにフランスつながりが !!何だと思いますか?

なんと エシレバター を使用しているんです。(エシレバターのHPはコチラ


パイナップルケーキはお土産でしか頂いた事がないのですが大好き!!

まわりのクッキー生地はクッキーより柔らかくちょっとしっとり(そしてちょっとぼそぼそ?)、
パイナップル餡は酸味のある甘さ。でも、頂くお店によって味は千差万別。


表参道のこのお店の名前は  『サニーヒルズ(微熱山丘)


これは行かなくちゃと友人と行ってきたのですが、まず建物にびっくり。
新歌舞伎座で有名な建築家、隈研吾さん設計だそうです。

 外観の写真


中に入ったところ、この階段を上がります

今回ここで売られているパイナップルケーキ、日本人の口に合うように作られたんだそうです。そして残念なことにおとなしい味になっている?

パンチがない、、私としてはもう少し酸っぱくなっていた方がいいな~~と。。

でも、1個(300円)をお茶と一緒に無料で試食出来ます、お得な感じです。

 試食はこんな感じで出てきます

食べるだけで帰るのは気が引けるので、やっぱり買って帰りますよね。

しかもバラ売りはしておらず、5個(1500円)か10個(3000円)の箱入りのみ。
でも可愛い袋に入れてくれますよ!

このお店でいちばん私の気を惹いたのがお菓子でなく、なんとお手洗い。
なぜか白黒モードになってしまい良くわかりませんが、水が流れている下の板、木なんですよ~。


 興味のある方はどうぞお出かけください。(トイレじゃなくパイナップルケーキに。。)

(chi)

 人気ブログランキングへ ←こちらも1クリックで応援ください

↓楽しんで頂けたらこちらも1クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ

2014年1月29日水曜日

フランス出身 Daft Punk グラミー賞 5冠

皆さんこんにちは。ともみです。

第56回グラミー賞で、主要部門となる「最優秀レコード」「最優秀アルバム」を含む、ノミネートされた5部門すべてで受賞を果たした『Daft Punk』。フランス出身アーティストということで、フランスでも話題になっています。彼らの代表曲 「Get Lucky」をご覧ください。



ご覧のように、ライブやビデオクリップでは、フルフェイスマスクを被って本人達の素顔を公開しないというユニークなパフォーマンスを行っています。顔の部分全面に窓が付いている金色のマスクがGuy-Manuel de Homme-Christo、目の部分にだけ窓がある銀色のマスクがThomas Bangalter。ロボットという設定らしいです。ロボットになってしまった理由としては1999年9月9日にコンピューターのバグで機械が爆発。その事故によってふたりはサイボーグになってしまったとか。

こちらは1995年、ロボットになる前の彼らです。

体型から推測するところ、左側のタバコを吸っている方がギ・マニュエル、右側がトーマ。

 人気ブログランキングへ ←こちらも1クリックで応援ください

↓楽しんで頂けたらこちらも1クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ

2014年1月28日火曜日

galette des rois (ガレット・デ・ロワ)2

先週、ディレクターのパスカルが生徒さんとサロンで話をしてました。

その時、ガレット・デ・ロワの話をしたのですが、ガレット・デ・ロワを知らなかった生徒さんが今週は galette des rois (ガレット・デ・ロワ)を買ってきてくれました!!

エリコさんが買って来てくれたメゾンカイザーのガレットです

そしてもう一人の生徒さんは自家製ガレットを作って来てくれました~。

マサヨさんのお手製ガレット、素晴らしい!!美味しかったです!!

一緒にパスカルが持ってきてくれたシードルを飲みましたよ。これもおいしかったです。


 シードルとガレット・デ・ロワと一緒にみんなで記念写真


フェーブが当たって王女様に!


 ガレットが2つあったので今日の王女さまは2人!!(ブレてる、、ごめんなさい!)

彼女たちが選んだ王様、誰だったでしょう?でも講師たちしかいませんでした。。
皆さんに楽しんで頂けて良かったです、またおいしいモノ一緒に食べて飲みましょう!

もちろん皆さん、フランス語の勉強も頑張っていらっしゃいますよ!

先日の Tomomi さんが書いた ガレットの記事も見てみて下さいね。

(chi)

 人気ブログランキングへ ←こちらも1クリックで応援ください

↓楽しんで頂けたらこちらも1クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ

2014年1月27日月曜日

劇的ビフォーアフター パリ編 1/26の 放送見ました?

先日、大改造!!劇的ビフォーアフター パリ編の完成編が放映される!と記事を書いたら沢山の方がアクセスしてくださいました!ありがとうございます!

1/19(日)の前編面白かったですよね~。

白蟻かとひやひやしたら死番虫だったり (すごい名前の虫ですよね)、なんでバスク地方に遊びに?行くのかと思ったら、コルクを見に行ったり(コルクの木初めて見ました!)、そこで見た粉々にした再生コルクを床下の断熱材に使ったり、。。

そして、、楽しみにしていた 1/26(日)の後編放送、録画したの見よ~と思ったら、、、

なんという事でしょう、、なんてバカなんでしょう
(サザエさんの声で想像をしてください、番組を意識して。。。)


 録画をするのを忘れていたんです。。。ああぁぁ。。。

なので、見たのは HPでの結果だけ。
自分のバカさ加減にあきれました。。

録画した方を見つけるのが今週の私の仕事です!

面白かったですか? 面白かったですよね??(シクシク。。)
予約して見逃さないようにしたい!と書いたのは私なのですが。。

(chi)

 人気ブログランキングへ ←こちらも1クリックで応援ください

↓楽しんで頂けたらこちらも1クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ

2014年1月24日金曜日

Le français, une langue pour danser? フランス語って、ダンス向きの言葉?

Récemment dans une émission de télé japonaise, j'ai entendu une chanson qui répétait sans cesse "voici l'époque du swing."

最近、日本のあるテレビ番組であるフランス語の曲がひっきりなしにかかっているのを聞きました。"voici l'époque du swing."という曲です。



Comme la voix avait un accent, j'ai compris que ça ne venait pas de France. Par curiosité j'ai fait une petite recherche et j'ai découvert qu'il s'agissait en fait d'In-grid, une chanteuse italienne qui chante la plupart de ses chansons en français. Ça m'a vraiment surpris parce qu'en France il y a beaucoup de groupes qui ont choisi de chanter en anglais pour pouvoir accéder à un public plus large. On se pose parfois la question de savoir si le français est une langue adaptée pour le rock. On entend souvent dire et depuis longtemps que les paroles des chansons anglaises sont trop bêtes et que la complexité de la langue française n'est pas faites pour un tempo trop rapide. C'est la seule excuse qu'on trouve pour expliquer le manque de succès des groupes français à l'international.

アクセントのある声だったので、フランス出身の歌手じゃないと思いました。好奇心から、 ちょっと検索をしたら In-grid という歌手だとわかりました、彼女はイタリア人歌手で、ほとんどの曲をフランス語で歌っているのです。とってもびっくりしました、なぜってフランスではたくさんのグループが英語で歌っています、もっとひろい聴衆に受け入れられる為にです。
皆がフランス語はロックに向いた言語なのだろうかとしばしば疑問を持ちます。だいぶ前から、そして英語の曲の歌詞はつまらなすぎる、そしてフランス語の複雑さはテンポの速すぎるもの向いていないということも良く耳にします。
それが、フランスグループが世界的に成功できないのを説明する唯一の言い訳です。

Il y a quatre ans une chanteuse de dance musique allemande, Lolita Jolie a décide également de chanter ses chansons en français, un choix assez surprenant mais qui a été payant avec "Joli garçon."

4年前に、ダンスミュージックのドイツ人歌手、ロリータ ジョリー が自分の曲を同じくフランス語で歌う事にしました、結構意外なチョイスだったと思います、でも "Joli garçon" という曲はとてもヒットしました。

Si j'essaye de me souvenir de groupes étrangers ayant fait un tube en français, il y a une dizaine d'années il y avait Pink Martini avec leur chanson "Je ne veux pas travailler" et il y a presque trente ans le groupe anglais Visage avec leur tube planétaire "Fade to grey."

外国グループがフランス語で歌った歌で ヒットしたのを思い出し、10年ほど前に Pink Martini の "Je ne veux pas travailler"という歌がありました。、約30年前には Visage というイギリスのグループが歌った世界的なヒット曲 "Fade to grey."という曲がありました。

Je vous laisse voir par vous-même comment tout ça sonne. Bonne écoute !!!

ご自身で、どんな曲かを聞いてみて下さい!!!

Mathias.
マチアス

  人気ブログランキングへ ←こちらも1クリックで応援ください

↓楽しんで頂けたらこちらも1クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ

2014年1月23日木曜日

la Paris Râmen Week パリラーメンウィーク

先日、 Bertille が 『Un peu de Japon à Paris パリにあるちょっとした日本』という記事を書いてくれました。

フランスで日本食、流行っていますよね!

特にパリですが、お弁当式テイクアウトやその場でお弁当が食べられるレストラン、職場にお弁当を持っていく フランス人のOL さんなども多くいるようです。

パリで 色とりどりの 『お弁当箱』 を売っているのもみかけましたよ。

さて、ラーメン屋さんはパリにもだいぶ前からありましたが、ラーメンにも火がついているようです。

1/20から1/25にかけて  Macéo というレストランで la Paris Râmen Week と銘打って
1杯 10ユーロのラーメンを提供しています。日本のテレビで見たのですが、すごい行列でした。


人気の名店が日替わりでラーメンを提供しているそうです。


そして、こんな素敵な場所でラーメンを食べたらちょっと嬉しいかも。。と思いました。

レストラン Macéo の店内

フランス語でのニュースはコチラ
パリのおいしいラーメン屋さん5軒も紹介されています。

日本語でパリラーメンウィーク近況を知りたい方はコチラ

なかなかラーメンをすすれない巴里っ子の皆様、でもおいしそうに食べてました。

(chi)

  人気ブログランキングへ ←こちらも1クリックで応援ください

↓楽しんで頂けたらこちらも1クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ

2014年1月22日水曜日

パリコレ 2014

皆さんこんにちは。ともみです。

パリでは現在 fashion week (パリコレ)の真っ最中です。
話題となっているのが、先日発表されたシャネルのオートクチュール2014春夏コレクション。
オートクチュールなのにちょっと異質な感じと。。。




オートクチュールといば、シンプルなスーツ一着が300万円程度から、美しいシルエットのレースやビーズ刺繍の装飾的なドレスなどはその金額をさらに上回る、最高の服飾素材を用いた熟練した職人の手仕事による高級服。にもかかわらず、今回のコレクションではモデル達がスニーカーで登場。















←贅沢なウェディングドレスにもスニーカー。 デザイナーであるKarl Lagerfeldに何が起こったのか?と言われていますが。。。
皆さんはどう思いますか?


















   人気ブログランキングへ ←こちらも1クリックで応援ください

↓楽しんで頂けたらこちらも1クリックで応援お願いします!

にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ 


2014年1月21日火曜日

Un peu de Japon à Paris パリにあるちょっとした日本

Bonjour,

C'est Bertille.

Aujourd'hui je vais vous présenter un peu de Japon à Paris.
Mais je ne parlerai pas de manga!

Alors qu'il y a vingt ans il n'existait que peu de lieux japonais à Paris, depuis 3 ans ils se multiplient à une grande vitesse.

Que ce soit pour l'art culinaire ou le savoir-faire et les objets; l'intérêt des français pour le Japon semble ne jamais avoir été aussi fort.

Pour vous le montrer, je vous présente quelques d'adresses nippones à Paris. Vous constaterez qu'elles ne sont plus rares.


NAKANIWA (objets)

Après avoir ouvert le Pavillon Miwa fin 2012, un club privé pour les nippophiles, l'agence japonaise Rightning Paris inaugure, le 22 janvier prochain, sa nouvelle galerie Nakaniwa. L'occasion de découvrir des objets exclusifs, comme les théières de Tokonamé, les couteaux Morimoto, ainsi que les boîtes en bois de cèdre d'Akita fabriquées par l'un des artisans les plus réputés de son pays. Le moindre objet est réalisé avec une telle précision qu'il métamorphose le quotidien en instant d'exception.
Nakaniwa, 12, rue Jacob, Paris 6e. Tél. : 01-42-19-96-80www.nakaniwa.fr


YUZUKA (massages)



Devant la vitrine de cet institut de la rive gauche, un étrange parfum intrigue les passants, celui du yuzu, un agrume japonais au goût subtil. Mis à l'honneur dans ce nouvel espace créé par une jeune Parisienne, Tiphanie Buisson, et la masseuse japonaise Sayaka Nagatomo, il est décliné sous forme d'huile, d'eau florale, de confiture et d'onguent. Pris d'assaut depuis son ouverture, ce lieu irréprochable dispose en prime d'un décor soigné.
Yuzuka, 62, avenue Bosquet, Paris 7e, 70 € le massage. Tél. : 09-83-93-83-41.www.yuzuka.fr


CIEL (pâtisserie)



Encore méconnue, la pâtisserie japonaise colonise les rues parisiennes. Après les macarons de Sadaharu Aoki, les viennoiseries d'Aki, les mochis de Toraya et les desserts français revisités de Mori Yoshida, un nouveau lieu gourmand a ouvert l'automne dernier. Au menu, un seul gâteau : l'angel cake. Une génoise alvéolée très légère dont les Japonais sont friands. Réinterprété par Aya Tamura, le biscuit est garni d'une crème au sésame noir, au yuzu ou au thé vert. A déguster avec un verre de saké ou un thé matcha.
Ciel, 3, rue Monge, Paris 5e.www.patisserie-ciel.com


YASU KAKEGAWA (bazar)



On ne vient pas chez Yasu Kakegawa pour la décoration de sa minuscule boutique. Dans ce bazar où sont entassés des litres d'eau minérale en provenance de la Forêt-Noire et du Languedoc - les meilleures selon lui -, on trouve des thés japonais d'une grande rareté. Matcha Narino de la région d'Uji, sencha au goût d'amande, thé de tiges grillées : autant de variétés si difficiles à dénicher qu'elles surprennent même les Japonais.
 Yasu Kakegawa, 12, rue Simon-Le Franc, Paris 4e. De 28 à 50 € les 50 g de thé. Tél. :01-44-61-28-21www.yasukakegawa.com


 OKUDA (gastronomie)



Les restaurants spécialistes des sushis prolifèrent en France, mais faire l'expérience d'un plat japonais gastronomique était, jusqu'à il y a cinq ans, quasiment impossible à Paris. En plus d'Aida, de Jin, Kaiseki, Guilo Guilo et de Kushikatsu Bon, il faut désormais compter avec le chef Okuda, dont le restaurant du même nom comptabilise déjà cinq étoiles au Japon. Le menu, unique, change selon les produits de saison. On peut y savourer un chawan-mushi à la chair de tourteau et un bouillon d'algues raffiné. Des légumes croquants apparaissent aux côtés de sashimis précieux. Un voyage sensoriel.
Okuda, 7, rue de la Tremoille, Paris 8e. Menu à partir de 175 €. Tél. : 01-40-70-19-19www.okuda.fr


WALAKU (déjeuner bento)

Niché dans le 7e arrondissement parisien, le salon de thé Walaku, antenne du restaurant étoilé Aida, ne dispose que de huit places assises. En dehors des délicieux bentos à l'heure du déjeuner, il serait dommage de quitter les lieux sans goûter aux dorayakis maison, ces petites crêpes aux haricots rouges, ou aux pâtisseries qui font la réputation irréprochable de l'espace.
Walaku, 33, rue Rousselet, Paris 7e. 32 € le bento. Tél : 01-56-24-11-02www.walaku-paris.com
  

HISADA (fromagerie)

A Tokyo, la fromagerie Hisada est une institution et compte déjà 21 boutiques. Installée en France, la fille de la fondatrice, Eri Hisada, a ouvert son magasin rue de Richelieu, au coeur du quartier japonais de Paris. Elle y propose une sélection de fromages européens qu'elle aime affiner à son goût. Ainsi, le chèvre se retrouve couvert d'écorces de yuzu ou truffé de wasabi. La mozzarella est enveloppée de feuilles de cerisier et le parmesan vaporisé pendant plusieurs semaines de whisky japonais.
Hisada, 47, rue de Richelieu, Paris 1er. Tél. : 01-42-60-78-49www.hisada.fr
  

GERISSE (produits rares)

 Le 2e arrondissement compte de nombreuses supérettes 100 % nippones comme Kioko, où les Japonais se ravitaillent au quotidien. Lorsqu'ils sont en quête de produits rares - shiromiso, vinaigres d'exception, liqueur de prune, Dashi Pack pour préparer un bouillon -, ils vont à l'épicerie Workshop by Issé. Créée par le spécialiste du saké Toshiro Kuroda, cette enseigne compte deux espaces rue Saint-Augustin, dont une cave incroyable. Il y a peu, le patron s'est associé à Gérard Depardieu pour ouvrir une deuxième adresse rue du Cherche-Midi, où l'on retrouve les best-sellers de la maison ainsi qu'une sélection de céramiques.
 Gérissé, 110, rue du Cherche-Midi, Paris 6e. Tél. : 01-45-44-83-29.


ATELIER VISCONTI (céramiques)

La seule galerie d'art et de céramique japonais qui trouve grâce à aux yeux des experts est la Mingei Arts Gallery, ouverte par Philippe Boudin et sa femme Maiko Takenobu, spécialisée dans le mingei, "l'artisanat fait par le peuple et pour le peuple". Les collections de céramiques et d'objets en laque ou en bambou sont à découvrir sur rendez-vous à l'Atelier Visconti.
 Atelier Visconti, 4, rue Visconti, Paris 6e. Tél. : 06-09-76-60-68www.mingei-arts-gallery.com


ES (dîner français chez un chef japonais)

Le point commun entre les restaurants parisiens Vivant, Sola, Abri ou Toyo ? Leurs chefs sont tous japonais. Leur cuisine porte la mémoire de leurs origines et assume librement de grands écarts avec les traditions culinaires françaises. Chez Es, le nouveau trésor de la rue de Grenelle, le chef japonais Takayuki Honjo ose le jaune d'oeuf confit aux anchois, le turbot aux endives caramélisés et le boeuf tendre au raifort. Une merveille d'inventivité.
Es, 91, rue de Grenelle, Paris 7e. Menus à partir de 45 €. Tél. : 01-45-51-25-74.



Si vous avez une petite envie de Japon lors d'un de vos séjours en France, pourquoi ne pas y faire un tour?


  人気ブログランキングへ 
←こちらも1クリックで応援ください

↓楽しんで頂けたらこちらも1クリックで応援お願いします!

にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ


2014年1月18日土曜日

国立西洋美術館 モネ展

国立西洋美術館とポーラ美術館の共同企画として、

クロード・モネ展 『モネ、風景をみる眼―19世紀フランス風景画の革新』が
 上野の国立西洋美術館で3/9(日)まで開催されています。

個人的に モネは大好き、

『モネは眼にすぎない、しかし何と素晴らしき眼なのか』
 と、近代絵画の父セザンヌに評された画家、光をしっかりと風景に反映した彼の絵画、とっても美しいです。

彼の絵を見てフランスの景色に惹かれ、その後フランス語を学ぶことになったという私の個人的な経緯もあるので、見に行きたいと思っています!

 
HPからお借りしました

 
ご興味のある方は 国立西洋美術館 にいらして下さいね。

(chi)

  人気ブログランキングへ ←こちらも1クリックで応援ください

↓楽しんで頂けたらこちらも1クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ

2014年1月17日金曜日

Booking.com ホテルの予約サイト

年末年始に旅行に行った生徒さんに触発されて、旅行熱に浮かされる直前?いや、もう浮かされている?私ですが、わたしはどうやってホテルを決めているか聞かれたのでご紹介します。

行き先が決まっていなくても、フランスで(フランスでなくても検索できますよ!)行きたい場所をピックアップし、ホテルを検索します。

あまりに高いホテルばっかりだと、、腰が引けます。。大体において一人旅のせいです。

なぜかって、ヨーロッパは(たぶんヨーロッパ全体)1室あたりいくらかなのです。
そう、複数で行けば宿代は安くなります。そのかわり、ダブルベッドが多いので注意が必要です。
ちゃんと、ダブルベッドかシングル2台なのかを確認、または選択する必要があるんです。


わたしはここ数年 booking. com で予約しています。
殆どのホテルがある時期までキャンセル無料、 (キャンペーンなどで特別条件などでなければ)支払いもほとんどが現地払いです。

地図もあるので場所をしっかり検討すると使いやすいですよ。

ホテルの予約で悩んでいらしたら是非見てみて下さいね!

(chi)

  人気ブログランキングへ ←こちらも1クリックで応援ください

↓楽しんで頂けたらこちらも1クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ

2014年1月16日木曜日

新任フランス語講師の紹介 Nicolas (ニコラ) 後編

今日は、新任講師 Nicolas (ニコラ) の紹介の続きをお目にかけますね。

**********************************************************************************

Après mes études, attiré par la mer et les voyages, j'ai rejoint la Marine. Ceci m'a permis d'aller travailler 2 ans en Nouvelle-Calédonie. Pour quelqu'un qui comme moi aime la mer et la nature c'était fantastique : des paysages et des fonds marins grandioses, des activités nautiques à profusion … sans oublier, bien sûr, la culture et les traditions Kanaks.

学業をおえて、海と旅行に惹かれて、海軍に入りました。そして2年間ニューカレドニアに行って働く事になりました。僕のような海や自然が好きな人にとって は素晴らしい事でした。景色や壮大な海底(ラグーン(潟))、沢山の海でのアクティビティ、、勿論カナク族の伝統や文化も忘れてはいけません。

J'ai profité de ce séjour en Nouvelle-Calédonie pour venir passer des vacances au Japon, un pays qui depuis petit m'attirait, et je n'ai pas été déçu du tout ! J'y ai découvert une culture, une histoire, des paysages et une convivialité que j'ai adorés. Au moment de repartir (avec regret), je m'étais promis de revenir, ce que j'ai fait en 2010. Le projet initial était de rester 1 an ... je suis toujours là …

僕 はニューカレドニアでの滞在を利用して日本でバカンスを過ごす事にしました、日本は小さいころから興味を惹かれていて、そして全くがっかりしませんでし た!文化、歴史、景色やフレンドリーさに触れ合う事ができ、それらを大好きになりました。去る時(名残惜しく)、もう一度来ようと決めました、日本に戻れたのが2010年の事です。元々の計画は1年滞在する事でしたが、、まだ日本にいます。

J'espère vous voir bientôt,

皆さんにお会いするのを楽しみにしています。

Nicolas
ニコラ

**********************************************************************************

既に銀座校で働いているニコラなので、お話しした方もいらっしゃると思います!
とてもサンパなニコラ、サロンで、教室で、紹介文読んだよって声かけて下さいね。

  人気ブログランキングへ ←こちらも1クリックで応援ください

↓楽しんで頂けたらこちらも1クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ