2012年1月31日火曜日

日本人のためのフランス車 Une voiture parisienne pour les japonais

Bonjour マチアスです。

Bonjour c'est Mathias,








先日、学校に来る途中、一台の車が僕の目をひきました、
それは一台のフランス車、ルノーの車でした。
でも、このモデルは全く聞いた事が無い車だったんです。それはルノーのリュテシア! 

この車の名前はパリ市の古い名前に着想を得たものです。リュテス、(古代におけるパリの呼称)この(この名前はよく『5区のアレーヌ・ド・リュテス(円形闘技場) 』でみられます、下の写真を参照下さい)この車は全く新しいモデルだと思ったので、ルノーのサイトやウイキペディァをさっと調べてみたのですが、全く情報を見つける事が出来ませんでした。

L'autre jour, en venant à l'école une voiture a attiré mon attention, c'était une voiture française, une Renault, mais un modèle dont je n'avais jamais entendu parler: La Renault Lutecia! Le nom de cette voiture est en fait  inspiré de l'ancien nom de la ville de Paris: Lutèce (Nom que l'on peut retrouver notamment dans les "arènes de Lutèce dans le cinquième arrondissement, voir photo ci-dessous.) J'ai pensé que c'était un tout nouveau modèle mais en cherchant rapidement sur le site de Renault ou sur Wikipédia, je n'ai pas pu trouver d'informations.



ついに、この車はルノーのクリオだとわかったのですが、クリオという名前が日本ではもう使われていたので名前を変えたのでした。もし、もっと良く見たいと思われたら、これがフランス語でのコマーシャルです。このコマーシャル、面白いと思われていますが、、判断は皆さんご自身でどうぞ。


Finalement, j'ai fini par découvrir qu'il s'agissait d'un modèle Renault Clio dont le nom avait été changé parce que le nom Clio était déjà pris au Japon. Si vous voulez la voir un peu mieux voici un lien vers la publicité en français, elle est censée être drôle mais... à vous de juger.




人気ブログランキングへ ←こちらも1クリックで応援ください

↓楽しんで頂けたらこちらも1クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ

2012年1月30日月曜日

大塚が留学の疑問にお答えします!

今日は、一日、銀座校に留学担当の大塚がいます!
みなさんの、留学に関する疑問を解決しますよ。
小さな疑問、素朴な疑問、なんでも遠慮なさらず質問なさってくださいね。

 みなさん、コーヒーやワインを片手に、熱心に耳を傾けています。。。

今日、銀座校に顔を出すのはちょっと無理という方、ぜひこのサイトをのぞいてみて下さい。
http://www.france-sympa.com/

クローディンの一週間プログラム、トゥールの一週間プログラム、モンペリエの一週間プログラム、エルベの一週間プログラムについて、ご覧になっていただけます。
留学体験記もアップされていますので、参考になさってくださいね。

留学にご興味のある方は、ぜひ、大塚にご連絡ください!
ryugaku@ecolesympa.com

いつかフランスに行きたいと思っている方も、この機会に情報収集して、最初の一歩を踏み出しませんか?
人気ブログランキングへ ←こちらも1クリックで応援ください

↓楽しんで頂けたらこちらも1クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ

2012年1月28日土曜日

Radiohead et le cinéma français

Bonjour, c'est Laurent.

Peut-être aimez-vous le groupe Radiohead ? Si c'est le cas, saviez-vous qu'on peut trouver leurs chansons dans plusieurs films français: Cyclo (film franco-vietnamien) et l'Auberge espagnole par exemple.


Alors si vous avez répondu oui à la question, faites-vous plaisir en regardant ces vidéos.





人気ブログランキングへ ←こちらも1クリックで応援ください

↓楽しんで頂けたらこちらも1クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ

2012年1月26日木曜日

Kumiko さんの南仏ワイン便り (3)

今回は、日本に帰国中の Kumi さんからのお便りです。
日本にいる間に是非是非会いに来てくださいね~。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あけましておめでとうございます。

1年8ヶ月、モンペリエでの気ままな学生生活(もうとっくに学生ではないです けれど)を一旦切り上げ、日本へ久しぶりに帰国しました。

年末年始はドタバタしっぱなしであっというまに出発日が来てしまいました。

留まりたい場所を離れるのはやはりさびしいものですが、事前に会った友人達に、日本へ帰るというと、皆驚きつつもすぐ「mais tu reviendras.」でもまた戻ってくるんでしょ、と当然のように言います。

帰っちゃうんだ、会えなくなるんだ、としんみりしたりすることはなく、一 度いい 友情関係ができると、距離や時間は関係ない、会いたければいつでも会える。と いうスタンスをとても強く感じます。彼らとは、こちらも à bientôt 「また近い うちにね」と笑顔でバイバイすることができました。

で、その 「à bientôt」 はもちろん嘘ではなく、私自身、ワイン事業の計画を進 めてまた数か月後にはフランスへ戻る気でいます。長引く不況と、年々厳しく なってい く滞在許可証の問題などなど、一筋縄ではいかないことがたくさんあ りますが、地道に準備をしていこうと思っています。

とりあえずその先駆けとしまして。南仏からはるばる運んできたワインで近々ちょこっと試飲イベントを開こうかな?なんて考えています。

ブログも随時更新していきますので今後ともご愛顧ください。
もちろん、銀座校にも遊びにいきます。


サンパのみなさんにとっても幸せな1年となりますように。
あと、今年フランス留学を検討されている生徒さんはぜひぜひ挑戦されてみてく ださい。新しい世界が広がりますよ!

今年もよろしくお願いいたします。

http://vindulanguedoc.blogspot.com/


人気ブログランキングへ ←こちらも1クリックで応援ください

↓楽しんで頂けたらこちらも1クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ

2012年1月25日水曜日

1/30(月) 質問会のお知らせ

先日 1/21(土)の、 
『 ブルゴーニュ、クローディンの1週間 』説明会には沢山の方にお越し頂きました。
ありがとうございました!



その前の  『フランス滞在、留学等の質問会』 にも沢山の方にご質問いただきました。
皆さん質問をしたあとは、嬉しそうにお帰りになったのが印象的でした。

そんなこともあり、皆さん聞きたい事がいっぱいなのだと思い、、、
今後こういう機会を増やすことになりました !

担当の大塚美奈子が毎月2回程度銀座校に来て、
皆さんのフランス滞在、留学等のご質問にお答えします。

次回の予定は早速来週の月曜日!

 Minako

1/30(月) 『フランス滞在、留学等の質問会』
15時20分~20時50分 (16時~16時30分を除く)

ご希望の方は銀座校までメールをお願いします ginza@ecolesympa.com

エコールサンパの留学専門サイト「五感でフランス新発見」
 (www.france-sympa.com)


人気ブログランキングへ ←こちらも1クリックで応援ください

↓楽しんで頂けたらこちらも1クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ

2012年1月24日火曜日

2012年カルチャー万歳 ! Vive la culture en 2012 !

Bonjour、ローランです。

Bonjour, c'est Laurent.


Aurélie Filippetti (オレリー・フィリペッティ)さんのインタビューの抜粋をご覧ください (2012年大統領選挙戦の社会党候補チームの文化教養面の責任者です) 私が思うに今のところ (Steve Jobs が時代の象徴になりました) こういう考えを読むのがいいことだと思うのでお知らせしたかったんです!

Voici un extrait d'une interview d'Aurélie Filippetti (responsable du volet Culture dans l'équipe de campagne du candidat socialiste à l'élection présidentielle de 2012) . Je trouve que par les temps qui courent (Steve Jobs devenu icône), lire ce genre d'idées fait du bien alors je voulais vous offrir cela !


なぜあなたがこのポストに?

私は共産党の家族の出身です、教養によって解放(自由化)されるのをとても強く目標としていた、教養的計画なしでは政治的計画はありえないという家でした。教養、それは不平等と戦う事、将来の悲惨極まりないビジョンから抜け出すこと。教養は人生に意味を与えます。私の場合、私を助けてくれたのは文学でした。素晴らしいフランス語(国語)の先生が沢山の事を発見させてくれました。子供のころ、イタリア、ポーランド、マグレブからの移民だった私たちに Georges Perec (ジョルジュ・ペレック)を読ませました。私がMetz (メッツ)  の高校に行った時、 Marguerite Yourcenar (マルグリット・ユルスナール) の"Pléiade" をプレゼントしてくれました。それはまるで彼女がわたしに松明を受け渡すかのようでした。わたしはそこにメッセージを読み取りました : 勉強しなさい、それは仕事を得て、お金を得るという事だけではありません、知的解放(独立)が世界ともう一つの違う関わりをもたせるのです。

Pourquoi vous, à ce poste ?
Je viens d'une famille communiste, où l'objectif d'émancipation par la culture était très fort, où il n'y avait pas de projet politique sans projet culturel. La culture, c'est lutter contre les inégalités, c'est sortir d'une vision apocalyptique de l'avenir. La culture donne un sens à la vie. Moi, ce qui m'a sauvée, c'est la littérature. Une prof de français formidable qui nous faisait découvrir plein de choses. A nous qui étions des enfants d'immigrés italiens, polonais, maghrébins, elle faisait lire Georges Perec. Quand je suis partie au lycée à Metz, elle m'a offert une "Pléiade" de Marguerite Yourcenar. C'était comme si elle me transmettait le flambeau. J'y ai vu ce message : faire des études, cela ne veut pas seulement dire avoir un travail et de l'argent, c'est une émancipation intellectuelle qui donne un autre rapport au monde.


人気ブログランキングへ ←こちらも1クリックで応援ください

↓楽しんで頂けたらこちらも1クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ

2012年1月23日月曜日

ルドンとその周辺-夢見る世紀末

三菱一号館美術館では、1/17~3/4まで、『ルドンとその周辺-夢見る世紀末』展が開催されています。

ルドン(Odilon Redon)は、フランスのボルドーに、1840年に生まれました。同じ年に、モネ、ロダン、ゾラが生まれています。

ルドンは、同時期に花開いた印象派の画家たちとは、一線を画し、独自の幻想的な画風で絵画に向かい続けました。

今回の展覧会は、『ルドンの黒』『ルドンの色彩』『ルドンの周辺』の3部で構成されています。

目玉は、今回三菱一号館美術館で購入された『グラン・ブーケ』(大きな花束)という名の絵画。パステルで描かれたこの絵は、110年間フランスのドムシー城に秘蔵されていた作品で、初公開となります。

243.8x162.9センチのパステル画。迫力ありそうですね。
ご興味のある方は、ぜひどうぞ!
 人気ブログランキングへ ←こちらも1クリックで応援ください

↓楽しんで頂けたらこちらも1クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ

2012年1月21日土曜日

Nouvelle génération d'acteurs français

Bonjour, c'est Laurent,

Jean-Baptiste Mondino vient de réaliser un très beau film pour présenter les acteurs et actrices présélectionnés pour la cérémonie 2012 des César (équivalent des Oscars), dans la catégorie des révélations.


Voici la transcription:

Regardez-moi
A cet instant nu
Libre de corps et d'esprit
N'ayant subi de pression que de moi-même
Je me livre corps et âme
Vierge encore, je succombe
Je rentre dans le désordre
Mon ADN éparpillé à jamais
J'entre dans la danse
Evadé de moi-même
Mon art sera de jouer
De vos rêves je serai la chair
Je ferai vibrer des mots subtils
Comme des fruits sous ma langue
Je vous donne ma peau
Ensanglanté
Encensé
Comblé
De larmes et de rires
Je couperai votre souffle
De cris, de lumière
De foule, je veux me saoûler
Votre impossible
Votre inavouable
Revêtiront mes traits
Que vienne le froid, le trac
Je resterai sourde aux vendeurs de vide
Je crois
Je plonge
A cet instant nu libre de corps et d'esprit
Je me livre corps et âme
Regardez-moi
Regardez-moi
La voie est libre


Si vous voulez admirer les portraits, cliquez ici.


人気ブログランキングへ ←こちらも1クリックで応援ください

↓楽しんで頂けたらこちらも1クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ

2012年1月20日金曜日

フランスの俳優 ジェラール・デパルデュー Gérard Depardieu

Bonjour, c'est Bertille.

ジェラール・デパルデューをご存じでない方は多いですよね。(授業のテキストで知る事が出来る俳優です)

Vous êtes nombreux à ne pas connaître Gérard Depardieu (que vous avez pu découvrir dans le livre de classe).

では、もうちょっと彼についてお話ししますね、だって彼はとても有名ですから!いずれにせよフランスでは、、。

Alors je voudrais vous en dire un peu plus sur lui parce qu'il est très célèbre ! En France en tout cas... 

彼は勿論俳優で、1948年生まれです。

C'est un acteur, français bien sûr, né en 1948.

1970年にキャリアをスタートし、まだ現役です。要するにとてもキャリアが長いんです!

Il a commencé sa carrière en 1970 et elle continue. Il a donc une très longue carrière!

沢山の映画にでているので数えられないし、映画名を上げることももちろん無理!

Il a fait tellement de films qu'on ne peut plus les compter, et bien sûr pas tous les nommer!

でも、皆さん ジャン・レノはご存知ですよね、なのでこのふたりが出演している映画をご紹介したいと思います。その映画は仏語タイトル『 Tais-toi 』 :( 『黙れ』という意味ですが、邦題は『ルビーとカンタン』)2003年公開の映画です。この映画は喜劇で、そのユーモアを評価してもらえるでしょう。

Mais je sais que vous connaissez tous Jean Reno, donc je vous propose de découvrir un film avec ces deux acteurs: Gérard Depardieu et Jean Reno. Ce film s'appelle Tais-toi. Il est sorti en 2003. C'est un film comique dont vous apprécierez peut-être l'humour.

映画の抜粋です

En voici un extrait:



皆さん、彼が料理好きだって知ってましたか !(テキストの中に書いてあります) そしてワイン好きだって知ってましたか?アンジューのティーニュ城のワインの生産者でもあるって知ってますか?いくつかのcru (クリュ) だって持ってるんですよ。

Vous saviez qu'il aimait la cuisine! (c'est dans le livre) ... Mais saviez vous qu'il aimait aussi beaucoup le vin? Il est même producteur de vin en Anjou avec le Château Tignè et possède plusieurs crus !







ジェラール・デパルデューの写真を3枚
Voici trois photos de Gérard Depardieu:






人気ブログランキングへ ←こちらも1クリックで応援ください

↓楽しんで頂けたらこちらも1クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ

2012年1月19日木曜日

Hervé のル・ピュイ・アン・ヴレイ便り (9) 後編

先日、Hervé のル・ピュイ・アン・ヴレイ便り (9) 前編をご紹介しました。

Le titre de Meilleur ouvrier de France (MOF  フランス国家最優秀職人章)の話でした。

記事からわかるように ル・ピュイ・アン・ヴレイはレース編みでとても有名な街です。

お土産でも買えますし、良い天気の日にはお土産屋さんの前でそのレース編みをしている人を見る事も。

そしてなんと、レース編み体験が出来るんですね~、興味のある方は是非!
エルベの記事に出てきますよ、お楽しみに。

続きをどうぞ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

11月25日(金)、2011年期の233人の受賞者が伝統に則り、エリゼ宮で ニコラ・サルコジ大統領からメダルを手渡されました。


Vendredi 25 novembre, les 233 lauréats de la promotion 2011, comme c’est la tradition, ont reçu leur médaille à l’Élysée des mains de Nicolas Sarkozy.

彼らの中にひとり Puy-en-Velay (ピュイ・アン・ヴレイ)の住人がいました。 Nathalie Hubert (ナタリー・ユベール)さんは直径70cm、幅22cmの扇子型(写真参照) のレースカテゴリーで受賞しました。


このレースを作るのに原図、型紙、そしてレースにと 1900 時間を要しました。296個の (レース編み用) ボビンを使い、とても細い麻をつかって作り上げました。


Parmi eux, une habitante du Puy-en-Velay : Nathalie   Hubert, récompensée dans la catégorie dentelle,  pour une feuille d’éventail de 70cm de diamètre et 22cm de largeur (voir photo). Cette feuille a demandé 1900 heures de travail comprenant le dessin, la mise en carte et la dentelle. Elle a demandé l’utilisation de 296 fuseaux et a été réalisée avec un fil de lin très fin.



この貴重なタイトルが44歳で与えられる事になりました、ナタリー がとても早いじきにたどる事になった素晴らしいプロの経歴に対してです。アトリエ 国立ピュイレースコンセルバトワールで3年学んだあと、彼女は "Art de la dentelle aux fuseaux ボビンレース技術" の CAP (職業適性証書)を1986年に得ます。ナタリーはそしてクレルモンフェランにレースの学校を開きます(1987年~1990年)。

A 44ans, ce titre prestigieux vient couronner un parcours d’excellence professionnelle que Nathalie a emprunté très tôt. Après 3 ans d’apprentissage à l’Atelier Conservatoire National de la Dentelle du Puy,  elle obtient  le CAP "Art de la dentelle aux fuseaux" en 1986. Nathalie ouvre alors une école de dentelle à Clermont-Ferrand (1987-1990).


1990年4月、   Centre d’Enseignement de la Dentelle au Fuseau du Puy-en-Velay (ピュイ・アン・ヴレイのボビンレース教育センター)でトレーナーとして働き始めます。年を経て、彼女はレース編みの教師となり、15年前から型紙も教えています、要するにレースの型になる型紙への原図のことです。2011年にはBMA (Brevet des Métiers d’Art 工芸職資格) を得て、ついに Le titre de Meilleur ouvrier de France (MOF  フランス国家最優秀職人章)を得ました。彼女は 約30人のレースプロ団体に所属しています、所属しているのはル・ピュイ・アン・ヴレイ地方で今でも自分たちの技術を使って仕事をしている人々です。

En avril 1990, elle entre comme formatrice au Centre d’Enseignement de la Dentelle au Fuseau du Puy-en-Velay. Au cours des ans, elle devient professeur de dentelles et, depuis quinze ans, elle enseigne également la mise en carte, c'est-à-dire le dessin des cartes servant de modèle aux dentelles. En 2011 Nathalie obtient le BMA (Brevet des Métiers d’Art) et, enfin le titre de « Meilleur Ouvrier de France ». Elle fait partie de la trentaine de dentellières professionnelles qui exercent encore leur art dans la région du Puy-en-Velay.




Nathalie (ナタリー) さんに会いに、そして ボビンレース教育センターに彼女の作品を見に来てください、そしてもちろんご自分でもレース編みにチャレンジしてみて下さい。更に詳しい情報は、サイトでどうぞ。

Venez rencontrer Nathalie et découvrir ses œuvres au Centre d’Enseignement de la Dentelle au Fuseau, au Puy-en-Velay, et pourquoi  pas, essayer vous aussi de réaliser de la dentelle !
Pour en savoir plus, un seul site :
http://www.ladentelledupuy.com/



人気ブログランキングへ ←こちらも1クリックで応援ください

↓楽しんで頂けたらこちらも1クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ

2012年1月17日火曜日

シャルロット ゲーンズブール Charlotte Gainsbourg Taxi 2 Leçon 2

シャルロット・ゲーンズブール Charlotte Gainsbourg
ローランです。

Bonsoir, c'est Laurent.

先週、 Jun さんと Rie さんにシャルロット・ゲーンズブールの記事を掲載すると約束しました。セドリックのおかげでほらこの通り。

La semaine dernière, j'ai promis à Jun et Rie que nous allions publier un article sur Charlotte Gainsbourg. Et bien, c'est fait grâce à Cédric, voilà.

シャルロット・ゲーンズブールは象徴的な英仏カップルであるセルジュ・ゲーンズブール(仏)とジェーンバーキン(英)の娘です。このふたりは60年代からフランスの大衆文化に不可欠な一部になりきっていて、多くのフランス人の心の大多くの部分を魅了しています。シャルロットの父親は有名な歌謡曲(シャンソン)の作曲家で、母親のジェーンバーキンはある期間、歌手と女優業を両立していました。

Charlotte Gainsbourg est la fille du couple emblématique franco-britannique Serge Gainsbourg/Jane Birkin. Ces deux-là font vraiment partie intégrante de la culture populaire française depuis les années 60 et occupent une place importante dans le coeur de beaucoup de Français. Le père de Charlotte est le célèbre compositeur de chansons (la javanaise, le poinçonneur des lilas) et sa mère a pendant un temps concilié les métiers d'actrice et de chanteuse.


Jane Birkin et Serge Gainsbourg

 シャルロットはアーティストの両親が歩んだ道を追って、まよいなく進みます、1984年にエリー・シュラキ監督の映画 『Paroles et musique (邦題 残り火)』でデビューします。2009年、ラース・フォン・トリアー監督 の映画 『アンチキリスト』に出演し、国際カンヌフェスティバルでは多くの観客にショックを与えました。

Charlotte ne tardera pas à suivre la voie artistique que lui ont tracée ses parents et débute au cinéma en 1984 dans le film Paroles et musique d'Elie Chouraqui. En 2009, elle était à l'affiche du film Antichrist de Lars von Trier qui a choqué beaucoup de spectateurs et de critiques lors de sa projection au festival de Cannes.

お母さんが全盛期時代そうだったように、シャルロットは女優業のほかに歌手としても知られています。
Comme sa mère en son temps, parallèlement à son activité d'actrice, Charlotte est également connue en tant que chanteuse.



初めてのディスク 『レモン・インセスト』 (父が作曲)を出してから20年後、2006年にセカンドアルバム『5:55』 を携え舞台に戻ってきます。シャルロットはこの時は主に英国系のミュージシャンと組み、ほとんどの曲は英語でした。

C'est 20 ans après la sortie de son premier disque Lemon incest (son père en avait composé les chansons) qu'elle revient sur le devant de la scène en 2006 avec un deuxième album, intitulé 5:55. Elle collabore alors principalement avec des musiciens anglo-saxons et la plupart des titres sont en anglais.





2009年、主に英語で歌い続けるのですが3枚目のアルバム 『IRM』 を発表しますが、この時にはアメリカの作曲家 ベック・ハンセン がプロデュースの音楽、歌詞によるアルバムでした。

En 2009, elle continue de chanter principalement dans la langue de Shakespeare pour son troisième opus IRM, mais cette fois-ci, elle fait appel à Beck Hansen, le compositeur américain pour la musique, les paroles et la production.



Beck et Charlotte



2011年12月、2枚組 CD 『Stage whisper』 をリリース。このCDは2010年のツアーのライブ録音を含んでいて、ベックのプロデュースの元、未発表の 8曲も収録されています。
En décembre 2011, Elle sort Stage whisper, un double CD qui comprend des enregistrements de sa tournée de 2010, ainsi que 8 morceaux inédits toujours produits sous la houlette de Beck.



ひとりのフランス人アーティストを発見、または再発見して下さい。

Une artiste française à découvrir ou redécouvrir.


Cédric


人気ブログランキングへ ←こちらも1クリックで応援ください

↓楽しんで頂けたらこちらも1クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ

Allons en France ! フランスへ行こう! (6)後編

 
クローディンのホームステイプログラムに、昨年のGWに参加された、Mariさんの体験記を先週よりご紹介しています。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

フランス語がまだ得意でない私ですが、Claudineがお友だちにどんどん紹介してくれるので、
ささやかながらも、コミュニケーションをとる事ができたのも、嬉しい思い出です。
Claudineのご近所さんがにこやかな笑顔を向けてくれたり、アニーさんのお宅で、ご夫妻や日本人のご友人と一緒に食事をしたり、陶芸のお店のご主人は、飛び切りの笑顔でたくさんおまけをしてくれました。


フランスには美味しいものが本当にたくさんあって、食べ物に興味津々な私は、毎食大はしゃぎ。

私のクラスの先生であるBenoitの大好物Fromage de chevreを是非食べたい!と言ったところ、事あるごとに思い出してくれ、出来立てのFromageを買ってくれました。(そのお乳を出したヤギさん(の子ども)をお店の方が見せてくれ、あまりの可愛らしさに、感激しました。)

Marcheでは日本に無い野菜をいっぱい紹介してくれ、美味しいサラダや前菜に仕上げてくれました。
他にも、美味しいcrements(発砲ワイン)やClaudineのお父さん特製のくるみワイン(!)、Claudineが畑で作っているrhubarbで作ったタルト!(ルバーブは私の大好物!)etc・・・
フランスの食べ物は美味しさがぎゅっと詰まっていて、元気で・・・食べるとパワーを吸収できます。


印象的だったのは、滞在最後の夜、cabaretからの帰り道。
川に映り込む街灯や、満天の星空を見て「ディズニーランドみたい」と思い。
Claudineに行ったことがある?と聞いたところ、興味がなさそうなご様子。
理由は「楽しくて夢のような毎日、ディズニーランドのような素敵な街・・・行く必要がある??」とのこと・・・。とっても羨ましいです。

そして、観光に行ったDijonで感じた「スピードが遅く、発音や冠詞が正しくないフランス語は全く意味が無い」という事実は、私を少し悲しくさせましたが、Claudineが「それに気付けたのは凄いわ」と感心してくれいつかきちんと話せるように、リラックスして頑張ろう。という気持ちにさせてくれました。



他にも書き切れない程沢山の思い出があります。
Claudineの教師としての素晴らしさは、最終日の授業の際に「冠詞どっちだっけ?」とか「順番は?」と考える時間がぐんと短くなっていて、ぽんっと出たときに、習うより慣れろ」の成果はこのように出るのかも?とささやかな実感と大きな感謝。

せっかく沢山教えていただいたのですから、きちんと生かせるように、きちんと復習復習!
これからも代々木上原で楽しく頑張りたいと思います。

本当に楽しく、素晴らしい体験が出来るプログラムでした。

Claudine先生、留学担当の美奈子さんをはじめ、ecole sympaの皆様、
代々木上原の先生やサロンでお会いする皆さんに感謝です。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

フランスへ発つ前の不安、そして行ってからの想像をはるかに超えた楽しい経験、発見、出会い…。
わたし自身も経験しているので、不安を乗り越え、フランスで忘れられない経験をされて、ご帰国後、目を輝かせて様子を語って下さる皆さんのお話をうかがっていると、自分のことのようにうれしいです。
一人でも多くの方に、少し大げさですが、世界が広がる体験をして頂ければと思います。

ブルゴ-ニュ クローディンの1週間」説明会
日時:121日(土)14501650 
場所:銀座校  参加費:無料
お席に限りがありますので、お早めにお申し込みください。
お問い合わせ・お申込み: tel : 03-3337-7933,  ryugaku@ecolesympa.com 
担当 大塚
生徒さんの体験記 こちらからどうぞ 

エコールサンパの留学専門サイト「五感でフランス新発見」
 (www.france-sympa.com)



人気ブログランキングへ ←こちらも1クリックで応援ください

↓楽しんで頂けたらこちらも1クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ