2010年11月30日火曜日

Nolwenn(ノルウェン)からのどうもありがとう 1000 mercis!

Bonjour、ノルウェンです。

Bonjour c'est Nolwenn,

皆さんご存知のように、私は新しい生活を始めるためにフランスに帰ることになりました。

エコールサンパ銀座校で働けたのはとても幸せでした。わたしが来た2008年、全員が快く迎えてくれましたし、日本を離れなければいけないのは、ちょっと寂しいです。私にとってとても早く過ぎていったこの2年間でした。

Comme vous le savez je vais rentrer en France pour commencer une nouvelle vie. J'ai été très heureuse de travailler à l'école Sympa de Ginza. Tout le monde m'a très bien accueillie quand je suis arrivée en 2008 et je suis un peu triste de devoir quitter le Japon. Ces deux années sont passées très vite pour moi.


サロンで、そして自分のクラスでは大勢のとても面白い生徒さんたちに会えました。

皆さんと話せた事、自分の国であるフランス、文化を発見してもらえるのが何よりうれしかったです。忘れられないばか笑い、とても可笑しかったフランス語の間違い、とても楽しかった会話、描く絵も常に上手いとは言えないものがありましたが、沢山の良い時間を過ごせました。

皆さんのおかげで今、わたしはフランスでもフランス語を教えることを続けたいと思っています。

Dans le salon et dans mes classes j'ai rencontré beaucoup d'étudiants très intéressants et j'ai été ravie de pouvoir parler avec vous et de vous faire découvrir un peu de ma culture et de mon pays. Nous avons eu quelques fous rires inoubliables, beaucoup d'erreurs de français très drôles, des conversations très intéressantes, des dessins pas toujours très jolis et beaucoup de très bons moments. Grâce à vous tous, maintenant je voudrais continuer à enseigner le français en France.

フランスで何かでくじけそうになった時、エコールサンパと生徒さん皆の事を思い出すと思います。

Et quand en France ça sera difficile, je penserai à l'école Sympa et à tous les étudiants.

皆さん、ありがとう。

Merci à vous tous. 

Nolwenn

人気ブログランキングへ  ←こちらも1クリックで応援お願いします。

2010年11月29日月曜日

フランス映画:リッキー Ricky

フランソワ・オゾン監督の作品、「Ricky」が11月27日からBunkamuraで上映されています。

フランソワ・オゾン監督は、「8人の女たち」、「スイミングプール」、「まぼろし」などを撮った監督です。
 今回の作品は、翼をもった赤ちゃん、「リッキー」がある家族のもとに生まれた。。。というお話しのようです。原作は、イギリスの小説家ローズ・トレメインの短編「Moth」(蛾)だとか。

こちらが予告編↓日本語版が見つからなかったので、英語字幕のフランス語をどうぞ


こちらは、お母さん役のアレクサンドラ・ラミーとお父さん役のセルジ・ロペスのインタヴューです。


ご興味のある方はぜひどうぞ!!
人気ブログランキングへ  ←こちらも1クリックで応援お願いします。

2010年11月27日土曜日

フランス菓子のなまえ ミルフィーユ Millefeuille

フランスに行くと美味しいお菓子がたくさんありますが、結構日本ではふつうにあるのにフランスでは見かけないケーキもたくさんあります。

見かけないケーキの no.1はなんといってもショートケーキです!


しかし、10年以上前のこと、日本人の友人とショートケーキの話をしながら Paris (パリ) を歩いていたら、ないはずのショートケーキがあるじゃありませんか!お店の名を見てみたら、、「Yamazaki

おお~、日本の Pâtisserie (お菓子、ケーキ屋) じゃありませんか!その頃と変わっていなければお店はこの住所。

6, chaussée de la Muette  Paris 


フランス菓子を沢山見た後で比べてみるときっと楽しいですよ。


フランスでも日本でもよく見かけるお菓子ですぐ頭に浮かぶのはミルフィーユ (Millefeuille)
Mille は千(1000)、feuille は(葉) 。1000枚の葉という意味です。


でも、ご存知ですか? 日本語の発音 ミルフィーユ は Mille filles (千人の女の子)に聞こえるということを。どちらかというと ミルフゥイユ、、っていう発音です。

フランスで Millefeuille をくださいというときは気をつけてくださいね!


人気ブログランキングへ  ←こちらも1クリックで応援お願いします。

フランス語勉強中!銀座校の生徒 Hiroshi さん

銀座校にはいろいろな生徒さんがいらっしゃいます。

フレンチレストランのシェフ、パティシエさん。。。そして俳優さんも!  

銀座校の Hiroshi さん(俳優名、、お聞きすればよかった。。今度ちゃんと聞いておきます!)の出演情報です。

11/29(月)20時~22時 テレビ東京「月曜プレミア!歴史ミステリー」出演!!

2本放映のうちの(前か後か不明)1本、徳川家康役を演じられます。



是非みなさんご覧ください!!

人気ブログランキングへ  ←こちらも1クリックで応援お願いします。

2010年11月26日金曜日

フランスが舞台のマンガ6 「砂の城」

これまたフランスが舞台の、(またまた古い、、)少女マンガ 「砂の城」の紹介です。フランス語でマンガにはLe château du sable と書いてありますが、正しくは  Le château de sable




作家は一条ゆかり

今でもいろいろな作品を描いているのでご存知の方も多いのではないでしょうか?「有閑倶楽部」「プライド」など。とてもシリアスなマンガからコメディまで、いろいろあります。また、2007年に文化庁メディア芸術祭マンガ部門で「プライドは優秀賞に選ばれました。


さて、「砂の城」はどんなお話しかと言うと、超ドシリアス。どんなにシリアスかと言うと、、ご紹介しますね。。

裕福な家庭に誕生した Nathalie (ナタリー)が生まれた日、家の前に捨てられた Francis (フランシス) 、ふたりは兄妹のように育てられます。惹かれていく二人ですが、身分の違いもあり両親の反対にあいます、が、、克服。

幸せは束の間、Nathalie の両親が他界、親戚に仲をさかれそうになり、おもいあまって崖から身を投げ心中をはかる二人。。

Nathalie は助かりますが、Francis は見つからず、死んだと思われていました。ところが、実は少女漫画でありがち、、の記憶喪失になっていたのです。

目撃情報から居所を Nathalie が突き止めた途端、 Francis は事故でついに帰らぬ人に。しかもFrancis は他の人と結婚して子供をもうけていたのでした。

またまた驚いたことにフランシスの奥さんはフランシスを追っため、Nathalie  Francis の息子をひきとり、マルコと名付けられたその子を Francis と改めて名づけます。


これだけでもすごいメロドラマです。あらゆる不幸が Nathalie を襲うのですが、実はここまでは砂の城の第一部に過ぎません。しかもこの第一部の最後は、これが少女漫画?というような暗~~い場面でおわります。

第二部は Francis(息子のほう)の青年期の話になります。

そしてますます重い展開に。Francis は美しい後見人の Nathalie に惹かれ、そして Nathalie もまた。しかし、彼の中にお父さんの Francis を奪った母の影を見て苦しんだりもします。

今だったら流行り?の年の差恋愛、でも、この話が描かれたのは1997年から1981年(第一部と第二部の間には約1年の休みがありましたが)

Nathalie は世界的に有名な童話作家になり、相変わらず美しいのですが、暗いのです。いつも不安で寂しく、。ナタリーをめぐる人々の恋愛事情等も描かれていますが、激しい想いを抱く人が多く、精神疾患なども描かれます。

展開ははやく、ドラマチック。恋愛関係はたいていドロドロ。。そんなところがなんとなくフランス、、って感じでしょうか?フランス映画のイメージ?あと、舞台設定がリッチです。フランスの日本でのイメージってリッチ、ゴージャスって感じですよね。

実際のフランスはそうではない面が多いとは思いますが。



「砂の城」、絵は最初から最後まで、とてもとても美しく(多少タッチが変わりますが)、うっとり、絵のおかげでさらにドラマチックに仕上がっているんだと思います。

へぇ~、、と思ったのは作者には絶対にない性格をもった Nathalie、描くのには並々ならぬ苦労があったとのこと。ああ、あの優柔不断さが大変だったのね、、と思いました。

このドラマチックなところが良かったのか?日本でも1997年の昼ドラになりました。フランスのゴージャスな設定は日本に置きかえられ、昭和の家庭の話になっていました。

ドラマは見なかったのですが、どうだったのでしょう?
一条ゆかりの作品は他にもドラマや映画になったものがあります!

いつまでも現役で、そしてまたフランスが舞台のマンガを描いてほしいな~と思いました。


人気ブログランキングへ  ←こちらも1クリックで応援お願いします。

2010年11月25日木曜日

フランスのパリで 7000ユーロするものな~んだ?

フランス語の記事をながめてたら、、、急に飛び込んできた 7000 ユーロの数字。
7000ユーロって言ったら日本円で80万円ぐらい。

Paris (パリ) での何の値段かわかりますか?

しかも パリで 7000ユーロ が prix moyen (平均価格) のもの。

ちょっと考えてみてください!さ~考えましたか?思いつきましたか?




正解は:le prix moyen du mètre carré パリの1メートル四方のアパルトマンの値段


不動産がとても値上がりしているようです。

もとの記事は Figaro.fr こちら

Bonne lecture !!

人気ブログランキングへ  ←こちらも1クリックで応援お願いします。

2010年11月24日水曜日

Virginie (ヴィルジニー) の Tours (トゥール) 便り

トゥールラングでは、一週間プログラムの中でシェフのお料理教室に参加して頂けます。シェフの Ronan (ロナン) は色々なテクニックをお目にかけ、料理への情熱を生徒の皆さんと分かち合います。

A Tours Langues, dans le cadre du programme d’une semaine, vous aurez la possibilité de participer à un atelier de cuisine avec un Chef.
Ronan, le Chef, vous montrera différentes techniques et vous fera partager sa passion de la cuisine.


皆さんのあらゆる質問を聞き、手ほどきし、アドバイスをしてくれます。いろいろなコツを教えてくれます。

生徒さん同士すこしお知り合いになった後、(お料理教室は学校外でも、どなたでも参加が可能です)Ronan がレシピに必要ないろいろな材料を見せてくれます。

Il sera à votre écoute pour toutes questions et se fera un plaisir de vous guider, vous conseiller. Il vous livrera aussi tous ses trucs et astuces.
Après avoir fait connaissance de vos « compagnons de cuisine » (l’atelier est ouvert à toute personne même en dehors de l’école), Ronan vous présentera les différents produits que vous utiliserez pour les recettes.

その後、シェフと一緒にリラックスしたフレンドリーな雰囲気の中で食事をつくります。例えば今週は、 verrines を作りました。オリジナルレシピの料理をグラスの中に盛るのですが、味と色の組み合わせがいろいろと楽しめます。


Vous élaborerez ensuite avec le Chef un repas dans une ambiance conviviale et détendue.
Cette semaine par exemple, nous préparerons des verrines : ce sont des recettes de cuisine originales présentées dans des verres ce qui permet de travailler sur l’association des goûts et des couleurs.

授業はキッチンで行われ、質の高い授業に不可欠な料理道具のすべてが揃っています。

Le cours se déroulera dans une cuisine entièrement équipée de tous les ustensiles indispensables à un enseignement de qualité.

授業のあとは、みんなでアペリティフを飲み、テーブルを囲んでこの料理をすべて食べます。






料理教室は、フランス料理を身近に感じられる、そしてフランス語をしゃべる とても良い機会です!
A la fin du cours, nous boirons tous ensemble un apéritif et dégusterons autour de la table tous ces petits plats.
L’atelier de cuisine, c’est un bon moyen de se familiariser avec la cuisine française et de parler français !

人気ブログランキングへ  ←こちらも1クリックで応援お願いします。


2010年11月22日月曜日

フランス映画:クリスマス・ストーリー un conte de Noël

「クリスマス・ストーリー」が11月20日から恵比寿ガーデンシネマで公開されています。

監督は、「そして僕は恋をする」、「キングス&クイーン」などを撮ったアルノー・デプレシャン(Arnaud Desplechin)。
予告編はこちら↓


こちらが61回カンヌ国際映画祭に出品された時の会見映像です。

結局、カンヌでは、特別賞を受賞しました。

みなさんご存知のカトリーヌ・ドヌーヴはこちらですが、↓
 キアラ・マストロヤンニってご存知ですか?↓

そうなんです。キアラ・マストロヤンニは、ドヌーヴとマルチェロ・マストロヤンニの娘です。なので、この作品では、母娘で共演してるんですね。

この季節にぴったりな「un conte de noël」。お時間のある方はぜひどうぞ!

人気ブログランキングへ  ←こちらも1クリックで応援お願いします。

2010年11月20日土曜日

フランスが舞台のマンガ5 「ツーリング・エクスプレス」

今回ご紹介するマンガ「ツーリング・エクスプレス」は全部は読んでいないのですが(コミック本編28巻完結、特別編7巻あり)、長い間「花とゆめ」で連載していました。

フランス人がたくさん出てくることもあり、当初、はまったマンガでした。


作者は河惣 益巳(かわそう ますみ)
「ツーリング・エクスプレス」でアテナ大賞を受賞し、1981年デビューしました。

「ツーリング・エクスプレス」シリーズの主人公は Charles(シャルル・オージェ)というフランス人でICPO(インターポール・国際警察機構)の刑事。

15歳で Sorbonne 大学(ソルボンヌ大学、のどこかは不明??) を飛び級をして卒業後、養父とおなじ道をたどり刑事になった彼。見た目は金髪、金の瞳(?)の女性のような美少年、、ときたら少女マンガお決まりの展開!?

準主役はDean (ディーン・リーガル)という銀髪、長身でクールな超スナイパー、北欧系?。いろいろな事件の実行犯がディーンと思われるが、痕跡を残さずなかなか警察に捕まらない犯罪者。

刑事とスナイパーという職業柄、絶対に平行線に終わるはず、、だった話です。

Charles (シャルル)はまぁ、男性だという設定を忘れれば可愛らしいおんなの子そのもの。

見かけはあまりフランスで見るタイプではありませんが、とても可愛いです。そして、クールで知的だけど殺し屋のDeanに、、、お互いに惹かれていく過程、育ての親の Edouard(エドアール)に心配され、じゃまされ(?)ていくさまが描かれています。そんな中、叔父の Lucien  (リュシオン) にちょっかいをかけられ、世界中のいろいろなところを舞台とし、始めはヨーロッパとくにフランスをメインにストーリーはロマンティックに展開します。

観光地がたくさん出てくるので疑似旅行を体験しながら、ハーレクイン(読んだことないけど)のような感じでした。

連載が軌道に乗っていくと、ロマンティックな面を残しながらもある程度ハードボイルド的な面を押しだした展開に変わっていきます。

でも、Charlesは刑事でありながら人懐こい性格で、人の警戒心をとくという天性の性格は変わりません。ハードボイルド展開の中で、ドイツ、旧ソ連、中国などの財閥、ギャングなどなどといった中に身を置く人物がたくさん登場し、天性の明るさでそんな大物人物たちとコネクションをたくさん作ります。

花とゆめでは1999年に一応完結をみたようですが(長かったですね~)、その後も番外編、Euro 編などが描かれています。

絵などは個人的には当初のほうが好みだったこと、途中からロマンティックぶりが薄れたこともあり、読まなくなってしまったのですが、どうなっているのか気にもなるので読んでみようかな~、、と思ったりもします。

本当のフランス&フランス人を舞台にしたというよりは、架空のフランスを見るという感じではありますが、幻想の世界に浸れることでしょう!

人気ブログランキングへ  ←こちらも1クリックで応援お願いします。

2010年11月19日金曜日

Beaucoup de bruit pour rien ?

Bonjour, c'est Laurent,

Hier, c'était la journée du Beaujolais Nouveau mais contrairement aux autres années, nous n'en avons pas bu sur Ginza.

Pourquoi?

Parce que c'est un vin qui ne laisse pas un goût inoubliable; et l'écart entre sa qualité et l'ampleur du marketing me surprend toujours.

 
Donc, à la place du Beaujolais Nouveau, nous ouvrirons prochainement une bouteille de bon vin !

L'année prochaine, nous verrons si nous en offrirons car il semble que les producteurs recommencent à faire attention à la qualité (voir la vidéo).






人気ブログランキングへ  ←こちらも1クリックで応援お願いします。

2010年11月18日木曜日

コンフィチュール エ プロバンス Confiture et Provence

Bonjour ローランです。
Bonsoir, c'est Laurent.

火曜日、生徒さんととてもおいしいConfiture et Provence(コンフィチュール エ プロヴァンス)の Citre et framboises (秋スイカとフランボワーズ) のジャムを、味わいました。

Mardi, nous avons dégusté avec les étudiants une délicieuse confiture Citre et framboises de Confiture et Provence.



フランス人講師にとって、驚いたことがありました。それは、初めて citre (秋スイカ)のジャムを食べたからです。

Pour les professeurs français, c'était une surprise, c'était la première fois que nous mangions de la confiture de citre.

僕はとても気に入りました。舌(味蕾)を驚かせる事ってとても心地よいです。

J'ai beaucoup aimé, c'est agréable de surprendre ses papilles..

Confiture et Provence (コンフィチュール エ プロヴァンス)のスタッフの皆さんが、ジャムとヨーグルトとすこしお砂糖を加えて食べるように勧めてくれたので、家でやってみます。

L'équipe de Confiture et Provence m'a conseillé de la manger mélangée avec du yaourt et un peu de sucre, je vais essayer chez moi.

人気ブログランキングへ  ←こちらも1クリックで応援お願いします。

2010年11月17日水曜日

YUKO EN FRANCE フランス留学体験記 トゥール編


 今回、トゥールラングへの短期留学に参加したきっかけは、1週間の休暇が取れることになったという些細なことからです。渡仏前、いくつか不安な点がありました。それは、以前からフランス語は独学で勉強していたものの、サンパへの入学は今年の4月。フランス語でのコミュニケーションに不安がありました。それについても、留学担当の方が丁寧に相談に乗ってくださり、不安感よりも好奇心の方が勝り、是非行きたいという思いで決めました。



不安と言えば、もうひとつ。出国の数日前から始まったフランスでのストライキです。仮にTGVが不通だった場合の対応について、留学担当の方と綿密に連絡を取りつつ、現地の最新情報をチェックしていました。実際、現地に到着してみると空港発のTGVは全線不通。SNCFの係員に訊いて、モンパルナス駅20時発サンピエールデコール行きがあることを知り、急いで移動したものの、夕方の渋滞にはまり、駅に着いたのは20時を大分回っていました。それでも、念のため駅構内で係員に、ほかに目的地まで行くTGVがないか確認しましたが、既になく、その日はホテルを探してパリに1泊しました。


こんなときに、とても役に立ったのが携帯電話です。出国前、フランスでも使えるように日本で設定しておいて本当に良かったと思いました。時差があるにも関わらず、留学担当の方が日本からきめ細やかなサポートをしてくださり、有益な情報を携帯メールでやり取りすることが出来ました。それに当時は、駅構内は旅行者で溢れ、公衆電話を探す余裕はなかったと思います。



そんなことがあったせいか、待ち合わせの駅でホームステイ先のマダムに無事会えたときは、やっと会えたという思いと安堵感でいっぱいでした。


授業初日は、ほかの生徒さんよりも1時間早く登校して、クラス分けのペーパーテストとフランス語での面接があります。

その後、それぞれのクラスに振り分けられ、9時から授業開始。時期にもよるようですが、7人中6人が日本人女性、うちひとりはドイツ人女性でした。折角、留学したのに日本人が多いのは良くないのでは?と思う方のいらっしゃると思いますが、私にとっては全く問題ありませんでした。むしろ、良い面がたくさんありました。皆さん渡仏した理由は様々で、学ぶ意識が高く積極的で、授業以外の時間も流暢なフランス語で会話をしていました。日本語だとドイツの方がお話に入れないという配慮もあるとは思いますが、皆さんとても良い方々で1週間しかいない私にとても親切に仲良くしてくださいました。



フランスでの生活は授業以外にも、勿論、全てがフランス語で何をしていても日本にいるときの何十倍もフランス語と接する機会があります。午前は授業、午後はトゥール市内観光、古城巡り、作家バルザックの古城見学、お料理教室に参加しましたが、説明は全てフランス語でした。


朝食、夕食はホームステイ先のマダムがとても料理上手な方でしたので、毎回楽しみでとても美味しくいただきました。食事中は、その日の出来事を話したり、食材を用いた慣用句を教えてくださったり、私が気に入った料理は作り方を教えてくださいました。また、マダムの息子さんのお誕生日会にも出席させていただき、たくさんの親戚の方々と素敵な時間を共有させていただきました。



トゥールの町は治安も良く、街並みも綺麗で、滞在中は少し早く家を出てのんびり散歩気分で登校していました。学校の雰囲気はアットホームで、先生や生徒さん、ホストファミリー、街の人々も皆さん親切で滞在中は充実した楽しい日々を過ごすことが出来ました。そして、帰国してからもマダムは勿論のこと、現地でお友達になった日本の方々ともメールのやり取りをしています。


最終日は帰国するのが本当に嫌で、マダムに抱きついて年甲斐もなく泣いてしまいました。そして、日本に着く前から「また絶対に来よう!」と心に決めるほど離れがたい素敵な出逢いに恵まれた1週間になりました。フランス語以外にもたくさんの収穫があると思いますので、皆さんも機会があれば、是非参加することをお薦めします!!!

fin

Yuko さん、お忙しいところ留学体験記ありがとうございます!本当に楽しく過ごせていただけて嬉しいです。そしてこれからも楽しんでお勉強して頂いてまたフランスにお出かけ下さいね。

生徒の皆さま。フランスと関係のあるブログ記事を書いてみたいと
思われたら、ぜひお話ください。喜んでブログに掲載いたします。
フランス語でも日本語でもどちらでもどうぞ!

人気ブログランキングへ  ←こちらも1クリックで応援お願いします。

2010年11月16日火曜日

パプリカ味ケークサレの簡単手作りキット Pain de poivrons instantané

Bonjour、ノルウェンです。 
Bonjour c'est Nolwenn

先週の月曜日、マチアスの元生徒さんがあいさつしに学校のサロンに来てくれました。

わたしが料理をするのを好きなのを知っていたその生徒さんは、 Jean Martin(会社名)のケークサレの手作りキットを持ってきてくれました。

そこで、赤のパプリカ入りパンを作ってきました。すごく作るのが簡単です、だって瓶に入っている”素”に卵を6個とちょっと生クリームを加え、オーブンで35分焼くだけなんです。

Lundi dernier une ancienne étudiante de Mathias est passée nous dire bonjour au salon. Comme elle sait que j'aime cuisiner elle m'a apporté une préparation pour cake salé de Jean Martin. Alors ce matin j'ai préparé deux pains aux poivrons rouges. C'est vraiment très simple à faire puisqu'il faut seulement ajouter 6 œufs et un peu de crème fraiche à la préparation présentée sous forme de bocal, puis mettre au four 35 minutes.

箱の中には poivronade (パプリカのパンの素;左の瓶) の瓶 と、もうひとつの瓶にはパプリカとオリーブオイルソース、が入っています。

Dans la boîte vous avez un bocal de poivronade à gauche et un bocal de sauce aux poivrons et à l'huile d'olive.


出来ました!熱くても、さめても、ちょっと温かいソースをつけて食べられます。

C'est prêt! On peut le manger chaud ou froid avec de la sauce tiède.


私たちはさめたのをちょっと温めたソースをつけて、月曜日の16時30分の生徒さんたちといただきました。とても美味しかったです!

Nous l'avons dégusté froid avec de la sauce aux poivrons tiède avec les étudiantes du lundi à 16h30, c'était délicieux !



インターネットでも買えます(が、サイトを見たところ、どうもフランス本国にしか送ってくれないようなので、、、残念。。)

Vous pouvez acheter des produits de Jean Martin sur Internet.
http://www.jeanmartin.fr/index.html

人気ブログランキングへ  ←こちらも1クリックで応援お願いします。

2010年11月15日月曜日

セーヌの流れに沿って ブリヂストン美術館

ブリヂストン美術館では、「セーヌの流れに沿って」展が、12月23日まで開かれています。



パリと言えば、セーヌ川ですが、セーヌ川の情景は、これまで多くの画家によって描かれてきました。
セーヌ川は、全長780kmあります。
この展覧会では、セーヌ川を5つの流域に分け、19世紀半ばから20世紀にかけて描かれた作品を展示しています。

第一章 セーヌ川上流とロワン河畔 第二章 セーヌと都市風景パリ 第三章 印象派揺籃の地を巡って 第四章 ジヴェル二―と芸術家村  第五章 セーヌ河口とノルマンディー海岸

モネ、シスレーなどの印象派の画家の他に、日本人画家の作品も展示されているようですよ。

詳しくはこちら 展示作品一覧が見られます↓

http://www.bridgestone-museum.gr.jp/exhibit/index.php?id=81

ご興味のある方は、ぜひどうぞ!

人気ブログランキングへ  ←こちらも1クリックで応援お願いします。