2010年5月31日月曜日

Hervéの地方は素晴らしい

Bonjour, c'est Laurent.

こんにちは、みなさん。ローランです。

Nous avons reçu un message d'Hervé, que nos étudiants et lecteurs doivent maintenant connaître.
Hervé a travaillé à école Sympa Jiyugaoka et il est venu parfois travailler à Ginza pour remplacer des professeurs en vacances.
Il nous a laissé à tous un bon souvenir.

Hervéが私たちにメッセージを送ってくれました。これを読んで頂いているみなさんやサンパの生徒さんはHervéをご存じの方も多いのではないでしょうか?

Hervéは主にエコールサンパ自由が丘校で働いていて、時にはお休みの講師の代わりに銀座校にも来てくれました。そして、私たちみんなにとても良い思い出を残してくれました。

Maintenant, il travaille en France avec sa femme: il reçoit des étudiants qui veulent étudier le français et découvrir sa très belle région.
Si vous voulez (re)lire les précédents articles de notre blog qui concernent Hervé, voici les liens:

今、彼はフランスで奥さんと一緒にティーチャーズホームステイをしています。フランス語の勉強だけではなく、その素晴らしい地方も堪能したいという生徒さんを受け入れています。

もしHervéに関する過去の記事ご興味にがありましたら、こちらをクリックしてくださいね。
1
2

↓↓ Hervé の書いてくれたメッセージです。


Bonjour à tous les étudiants de Ginza !

エコールサンパ銀座校の生徒のみなさん、こんにちは!

Je voudrais vous présenter une association qui œuvre pour protéger et promouvoir le patrimoine rural français.
Fondée en 1982 à l’initiative du maire de Collonges-la-Rouge, l’association des « Plus Beaux Villages de France » regroupait en octobre dernier 151 bourgs et hameaux.  

今日はみなさんに、フランスの地方部の遺産の保護と集客のために活動している協会をご紹介します。

その«フランスの最も美しい村々»協会は、1982年に Collonges-la-Rouge市の市長がイニシアティヴをとって創立されました。2009年の10月には151の城塞都市と小集落が同協会に加入しています。

Cette appellation n’est pas systématique, et fait l’objet d’une candidature. Pour prétendre  devenir un de ces « Plus Beaux Villages de France », et bénéficier du programme de mise en valeur et de communication touristique dont bénéficient les adhérents, la sélection est rigoureuse ; une demande sur cinq seulement voit une issue favorable. 

この協会へは自動的に入れるものではなく、立候補をしなければなりません。 «フランスの最も美しい村々»協会に加入し、会員向けのサービスを利用するためには、厳しい審査を通らなければなりません。5町村が立候補しても、加入を許可されるのは1町村だけなのです。

La commune candidate doit attester d’un caractère rural, et ainsi ne pas compter plus de 2000 habitants. Elle doit également posséder sur son territoire au moins deux sites ou monuments historiques protégés.
Si ces critères sélectifs sont remplis, un jury d’experts et de membres de l’association évalue sur place la mise en valeur du patrimoine, la qualité architecturale, environnementale et urbanistique du village candidat. 

立候補する町村は地方色をもっていなくてははいけません、そして住民 が2,000人をこえてもいけません。
また、その町・村内に少なくても2つ、保護された歴史的な場所か建造物がなくてはいけません。

これらの条件が満たされて初めて、専門家の審判と協会のメンバーが現地に行き、遺跡の価値や町や村の建築的・環境的・都市計画の質を判断します。

Le lauréat est alors proclamé « un des Plus Beaux Villages de France », et mentionné dans les guides touristiques ou sur les cartes routières avec ce logo :

合格した町村は «フランスの最も美しい村々の1つ»であると発表され、観光ガイドブックや道路地図にこのロゴとともに明記されます。


Si vous le croisez au détour d’une route, n’hésitez-pas à vous arrêter, le village que vous traversez renferme sûrement quelques trésors !

もしこのロゴを見かけたら、ぜひ寄ってみてくださいね。あなたが横切っているその村には、必ず宝物が隠されているはずですよ!

Cette démarche a fait des émules dans le monde. Existent ainsi les associations des « Plus Beaux Villages » de Wallonie (Belgique), du Québec (Canada), d’Italie, et même, depuis 2005, du Japon !

この協会の動きによって、世界中にライバルができてきました。ベルギーのワロニア地方、カナダのケベック地方、イタリア、そして2005年には日本にも «最も美しい村々»協会ができました。


Le département où j’habite actuellement, la Haute-Loire, comporte quatre des « Plus Beaux Villages de France » : Blesle, Lavaudieu, Pradelles et Arlempdes.
A 28 km du Puy-en-Velay, ce petit village occupe un site étonnant sur un éperon rocheux surplombant les gorges sauvages de la Loire, à l'endroit où celle-ci s'incurve et creuse son lit. Dressé au sommet du bourg, dans un spectaculaire paysage de coulées de lave, le château bâti en roche basaltique entre le XIIe et le XIVe siècle offre un point de vue vraiment exceptionnel. 

僕が今住んでいるla Haute-Loire県には4つの«フランスの最も美しい村々»があります。 Blesle、 Lavaudieu、Pradelles、Arlempdesの4つです。

Le Puy-en-Velayから28kmのところにあるArlempdesの村には、ロワール川が湾曲して流れを作っている峡谷の上に上部が突出した岩がそびえる、驚くべき場所があります。
溶岩流の特異の風景な風景の真っ只中、12世紀から14世紀の間に玄武岩で建てられたお城は独特の風景です。


Je vous invite vivement à jeter un œil au site web de l’association, pour découvrir d’autres photos de ces quatre lieux extraordinaires, que j’ai redécouverts avec plaisir après deux ans passés à Tokyo. 

ぜひ協会のホームページをご覧になってみてくださいね。今日ご紹介した4つの村のすばらしい写真の数々は、2年を日本で過ごした僕に再発見をさせてくれましたよ。

A bientôt,
Hervé

また近いうちに。
Hervé

人気ブログランキングへ こちらも1クリックで応援お願いします。

2010年5月29日土曜日

アペリティフの日 L'apéritif à la française

今年の6月3日(木)はアペリティフの日ってご存じですか?


6月の第一木曜日が 「アペリティフの日」
フランス語では L'apéritif à la française といっているようです。 
SOPEXA (フランス食品振興会)の 主催です。

フランスでは食事前によく アペリティフ< apéritif >を楽しみます。


食事前、ちょっとしたアルコール、キールや白ワイン、ソフトドリンクなどを飲みながらスナックや、一口で食べれらるものを口にする事が多いです。家でもやりますが、とくにパーティの前など知らない人と親交を深めたりするのにはとても良い機会です。

留学したての頃、その習慣をしらず、友人10人ほどを家に招いて日本食をご馳走したのですが、終ってからそれを知りました!!教えてくれ~~って感じでした。

はじめ、みんなすっごく大人しくてどうしようと思ったのですが、どうもアペリティフがないのでどうしよう??って感じだったようです。

アペリティフでは食事前のたのしい時間を過ごせます。

初めて会った人と座ってから自己紹介したりするのって緊張しませんか?その前に少しでも話をしするとリラックスしますよね。お酒もいい具合にまわってますしね!友人同士だと、話に花が咲いて、食事に移るのが遅くなったりもしてしまいますが。。

この「アペリティフの日」は世界中で行なわれています。
初めて2004年に行なわれ、昨年は21もの国で行なわれたそうです。

日本では8都市でおこなわれます。

東京は「六本木ヒルズアリーナ 」 参加費は3,500円から4,000円
詳しくはこちら(日本語) フランス語はこちら

六本木アペマルシェ もあるようです。楽しそうですね!!

行ってみたいですが、仕事でいかれないのでいらしたかた、ぜひご報告ください!!

人気ブログランキングへ こちらも1クリックで応援お願いします。

2010年5月28日金曜日

フランスのサッカー

Bonsoir, c'est Laurent,

Bonne nouvelle pour le football français, la France organisera bientôt  de nouveau le Championnat d'Europe de football, l'Euro 2016. Les candidatures turque et italienne n'ont pas été retenues (dommage pour la Turquie qui n'a jamais organisé l'Euro).

Lorsque la France avait organisé cette compétition en 1984, elle l'avait gagnée.



A l'école Sympa Ginza, les réactions des professeurs et de Chiz ont été variées: Julien et Cédric ne s'intéressent pas au foot, Mathias a souligné que la France n'aurait pas besoin de se qualifier en tant que pays organisateur (pas besoin de marquer un but de la main...). Chiz a parlé de ses souvenirs personnels de la finale de la Coupe du Monde de 1998.
Pour ma part, ça me fait très plaisir car lors de telles compétitions, la France est très festive !

人気ブログランキングへ こちらも1クリックで応援お願いします。

フランス語圏の音楽 Chanson francophone

今日は、Nolwenn (ノルウェン)です。

今日は皆さんに最近私が知って、大好きになった歌手をご紹介しますね。

名前は Coeur de pirate (クー ドゥ ピラット)、20歳のケベックの女性です。

彼女は "Comme des enfants (コム デ ザンファン)" という曲で 3月6日、25周年音楽大賞祭(とでも言ったら??)の際、今年のオリジナルシャンソン(歌)大賞をとりました。

Bonjour, c'est Nolwenn. Aujourd'hui je vous présente une artiste que j'ai découverte récemment et que j'aime beaucoup. Son nom de scène est Cœur de pirate, c'est québécoise de 20 ans. Elle a gagné la victoire de la meilleure chanson originale de l'année avec "Comme des enfants", lors des 25èmes Victoire de la musique le 6 mars dernier.




Texte :

Alors tu vois, comme tout se mêle
Et du cœur à tes lèvres, je deviens un casse-tête
Ton rire me cri, de te lâcher
Avant de perdre prise, et d'abandonner
Car je ne t'en demanderai jamais autant 

Déjà que tu me traites, comme un grand enfant
Et nous n'avons plus rien à risquer
A part nos vies qu'on laisse de coté

Mais il m'aime encore, et moi je t'aime un peu plus fort
Mais il m'aime encore, et moi je t'aime un peu plus fort

C'en est assez de ces dédoublements
C'est plus dure à faire, qu'autrement
Car sans rire c'est plus facile de rêver
A ce qu'on ne pourra, jamais plus toucher
Et on se prend la main, comme des enfants
Le bonheur aux lèvres, un peu naivement
Et on marche ensemble, d'un pas décidé
Alors que nos têtes nous crient de tout arrêter

Mais il m'aime encore, et moi je t'aime un peu plus fort
Mais il m'aime encore, et moi je t'aime un peu plus fort

Mais il m'aime encore, et moi je t'aime un peu plus fort
Mais il m'aime encore, et moi je t'aime un peu plus fort

Encore, et moi je t'aime un peu plus fort
Mais il m'aime encore, et moi je t'aime un peu plus fort
Mais il m'aime encore, et moi je t'aime un peu plus fort



人気ブログランキングへ こちらも1クリックで応援お願いします。


2010年5月27日木曜日

ここほれワンワン!165,000ユーロ がざっくざく。

先日、tête en l'air  (うっかり)な人が tram (トラム) に 35,000 euros (ユーロ) を忘れた記事をご紹介しました。

今回紹介する記事は、villa (庭付き別荘) を買ったら 165,000 euros (2千万円近く!!です)が庭に埋まっていたという話です。


思わず、

うーら(裏)の畑でポチが鳴く~。。”ここほれワンワン!!”」と心で思った方は私だけではないはず!!

大判小判ではなく、見つかったのは 50, 100, 500 ユーロ札 だけだったようですが。。

しかし、前回の記事では忘れた事を 言えだせず、襲われた、、と、嘘をついたりしましたね~。もちろんばれました!

今回の記事では、これは本物のお金だろうか?と、
湿っていた un billet de 100 euros (100ユーロ札) を乾かしてためしに買物に行った先で、本物のお札だったにもかかわらず怪しまれて警察沙汰になったり、、と、そうそう物事は単純に運ばないようです。

でも、フランス語の最後の行を見てください!!もしかしたら・・・。
でも、、殺人事件がらみのお金だとしたら自分の身に危険が??

身に危険が及ばなければ、私もお庭にお金の埋まっている家が欲しいです!
あ、でもその前に家を買う元手が無かった。。。

フランス語での記事はこちら

人気ブログランキングへ こちらも1クリックで応援お願いします。

2010年5月26日水曜日

Gouda (ゴーダ)チーズはなぜあかい??

フランスは美食の国ですよね。

フランスの”食”について思いつく物を日本人に聞いたら、必ず(、、と思います)fromage (チーズ)が含まれていると思います。でも、私個人、あまり作り方は知りません。。

昨日、サロンで講師の Mathias (マチアス)が

M  「Gouda チーズはなぜオレンジなんだろう、、作り方知ってる?」
私 「・・・・(知らない)。。。Mimolette (ミモレット)も同じような色してるよね?」

Mimolette (ミモレット) のほうがフランスっぽいじゃありませんか!

疑問はあるけど、知識に乏しく、答えはでません。

↓ ゴーダ 


ウオッシュチーズとか、熟成のとても進んだカマンベールとか、置いておくとカビの部分はオレンジっぽくなりますけど、(中の)身の部分は違いますよね。


↓  ミモレット

私が良く食べるチーズを色で分けてみると、、、               

白いチーズ
  • Kiri  :キリ カッテージ、クリームチーズ系?フィラデルフィアチーズとか白いですよね。。
  • Mozzarella :モッツアレラ 

黄色っぽいチーズ <これが一番多い気がします、、白か黄色か微妙なのもありますよね。。>
  • Camembert :カマンベール。周りは白いけど、中はちょっと黄色がかってるな、、と。
  • Brie :ブリー、同じく、、。
  • Comte :コンテ
  • Parmesan :パルメザン
オレンジ色のチーズ
  •  Gouda :ゴーダ
  • Mimolette :ミモレット
作り方が違うので、硬さ、 におい、など様々ですよね。

日本人は比較的くせのない物を好むようですが、個人的にはブルーチーズとか大好きです。
ただ、chèvre :シェ-ブル (山羊)のチーズはダメです。Roquefort :ロックフォールは brebis (雌羊)のチーズですが、大丈夫なのですが。。

chèvre :シェ-ブルのチーズを食べると、「”けもの”の味がするようで、、」というと良く笑われます。。あまり肉食系でない私にとって、ちょっとくせがありすぎる感じです。

さて、もとの疑問に戻りますが、

なぜ Gouda (ゴーダ) はオレンジ色なのかご存じの方がいらしたら、ぜひとも教えてください!!


人気ブログランキングへ こちらも1クリックで応援お願いします

    2010年5月25日火曜日

    フランスでのヴァカンス記(20)モンバール


    初めて Montbard (モンバール)を訪ねたのは思えばすでに3年も前の 2007年 のこと。
    ポルトガルとパリを訪ねたvacances (ヴァカンス)の時でした。

    友人と4日間をポルトガル、4日間をパリで過ごす予定で日帰りで Montbard まで出かけました。友人はParisで街の写真を撮りまくりたいとのこと、私は Claudine (クローディン)に久 しぶりに会うということになり。。。

    前夜、22時を過ぎていましたが、ドキドキしながら電話をすると久しぶりに元気な声が!

    駅 でもらってきた時刻表 (horaires) をみるとちょうど朝早くも遅くもないTGVがあるので、それで着く!というと駅まで車で迎えに来てくれるとのこと。

    さすがに hospitalité(もてなすこと)に あふれた Claudine ~~と思いながら帰りの電車を確認しながら明日のTGVは、、と見ていたら、、

    あ、あれ?あれ?

    さっ き電話でいったTGV、明日はないんじゃない?(曜日によって運行がなかったりします。平日はないTGVだったような気が、、あまり記憶に 残ってませんが。)



    う~ん、、まずったです。。。

    でも今日はもう夜も遅いし、 明日結局もう一つ前のTGVに乗って、駅前にcaféがあったらpetit déjeuner (朝ごはん)でも食べて、実は着いちゃったよ~、、って電話をしよう!と、ベッドにもぐりこむ私。

    早起きして Gare de Lyon に到着。
    乗リ場のホームは電光掲示板で確認です。
    Montbard行きはメイン のホームからの出発ではないので、場所を間違えないように気をつけて、、と。

    飲まず食わずで  TGV に乗り込みました。
    乗っ てしまえばもう安心(のはず)、Paris から1時間ちょっとで到着です。


    降りてみると、、あ、、caféがない。。ホテルが一軒あるけ ど。。
    携帯も、テレフォンカードも持っていなかった私は、、SNCFguichet (窓口)で、、

    「テ レフォンカード売ってるとこ知りませんか?」
    「う~ん、centre (町の中心)に行かないとないんじゃないかしら。。ここから10分ぐらいかかるけ ど。。」との返事。

    住所は知ってるけど、駅から近いのか遠いのかも分からないし、しかも前触れなしに家を訪ねるわけにも行きません。。。

    よ し!Centre までテレフォンカードを買いに行きます!!

    10分歩いて、テレフォンカードをゲット。駅に戻り電 話をします。

    「ごめんね、ClaudineTGV の時間見るの昨日間違えちゃって、、もう着いちゃった~。」
    と いう私に、

    「すぐ迎えに行くから待っててね~~」と明るい声。

    申し訳ありません!と思いながら待つ私。
    こうして無事迎えに来てもらい再会できたのでし た。

    そして彼女の家に着き、時間をかけ Claudine の手作りジャム (confiture) を沢山パンに塗りながら、朝食を一緒に食べたのでした。

    昼も食べまくり、夕方 Paris に戻りました。
    その次の年も行ったのですが、このときはなんと vendanges (ワインを造るためのブドウ摘み) をしました!

    次回のフランスヴァカンス記では 2008年の vendanges 報告を致しますね。



    (また続きます! Chi)
    今までのヴァカンス記は ”フランス語で 旅行” カテゴリーでまとめてご覧下さい!

    人気ブログランキングへ こちらも1クリックで応援お願いします。

    2010年5月24日月曜日

    オルセー美術館展 

    約半数の作品が初来日という、「オルセー美術館展」が国立美術館で5月26日から8月26日まで開催されています。
    総絵画数、115点、そのうち60点が日本初上陸です。こんなに一度に多くの作品が、オルセーを離れ、巡回することは初めてのことで、ニコラ・サルコジいわく、「二度とない」ことのようです。

    モネ、ドガ、シスレー、シニャック、スーラ、ピサロ、セザンヌ、ドニ、ロートレック、ゴッホ、ゴーギャン、ボナール、アンリ・ルソー etc...

    本場のオルセー美術館に行くと、大作だらけで、逆に、じっくり鑑賞しそびれたりしますが、115点という作品数なら、なんとかゆっくり向き合えそうですよね。

    この機会にいかがでしょうか。

    人気ブログランキングへ こちらも1クリックで応援お願いします

    2010年5月22日土曜日

    全仏オープン Tournoi de Roland-Garros

    5月23日から6月6日まで、全仏オープンが行なわれます。


    日本語では全仏オープンですが、フランスで はRoland- Garros (ローランガロス)といいます。

    なぜ日本語では全く呼び名が違うのでしょうか?
    Roland-Garros だと日本ではテニスとイメージがつながらないからでしょうか?
    Rolan-Garrosとは行なわれるテニス場の名前 なので、日本では知名度ないですよね?


    全英オープンに揃えての日本語(または英語訳)ですよね?きっと。。

    人気ブログランキングへ こちらも1クリックで応援お願いします

    フランスの新聞・雑誌で Dans la presse française

    Voilà un article sur la manière dont le premier ministre japonais s'habille, cet article  a été posté sur un blog le monde.

    17 mai 2010
    Le premier ministre japonais Yukio Hatoyama/ AFPLe premier ministre japonais, déjà au plus mal dans les sondages, vient de recevoir une volée de bois vert de la part des critiques de mode. Lors d’un barbecue organisé récemment dans le jardin de sa résidence en présence de simples citoyens, Yukio Hatoyama arborait une chemise vichy multicolore à manches longues. Et il n’en est pas à son premier "fashion faux pas" .
    Le critique de mode japonais Don Konishi n’a pas du tout apprécié de voir le chef du gouvernement dans cet accoutrement. Il a laissé éclater sa colère dans les pages d’un magazine national et sur les écrans de télévision, rapporte l’AFP. “Je soupçonne cette chemise d’avoir été fabriquée en Italie il y a 20 ou 30 ans”, a accusé M. Konishi. “De toute façon, c’est trop vieux. C’est démodé. Il ne sait pas s’habiller”.
    C’est son épouse, Miyuki, ancienne actrice, qui affirme choisir la garde-robe de son mari et prendre soin chaque matin de sa coiffure bouffante, dont elle est à l’origine. Elle a peut-être voulu se venger de quelque chose ou ils ont fait un pari audacieux ?
    Pour Don Konishi, la chemise vichy est la goutte d’eau qui fait déborder le vase et après ce coup porté au bon goût, la démission de M. Hatoyama est, selon lui, désormais inéluctable. “Y a-t-il quelqu’un capable de l’empêcher de porter ce genre de chose?”, s’est-il interrogé. “Il semble que le PDJ soit bel et bien fini avec cette chemise.”


    人気ブログランキングへ こちらも1クリックで応援お願いします。

    2010年5月21日金曜日

    うっかりペネロペ Pénélope tête en l'air

    皆さん、Pénélope をご存じですか?
    (日本語訳ではペネロペになってますが、フランス語ではペネロプです)



    フランス語の絵本です、日本のNHKでもアニメで放映しているぐらいなのでご存じの方も多いと思います。日本語訳もでてますし、グッズもいろいろ出てますよね。

    Gaspard et Lisa  (ガスパールとリサ、フランス語では リザ です)の作者と言ったらもっと分かりやすいでしょうか?

    ご夫婦で創作していますが、旦那さんはフランス人ではないようです。でも、パリにお住いとの事なのでフランスの本と紹介させてください。

    さて、tête en l'air とは、訳されているように 「うっかり」、「ボーっとした」、という意味ですが、先ほどびっくりする tête en l'air な人のフランス語の記事をみつけたのでご紹介します。

    なんと、tram (トラム)に 35,000 euros  (日本円で400万以上ですよ~)をうっかり?忘れてしまったそうなんです。なんて事でしょう。。。記事はこちら

    人気ブログランキングへ こちらも1クリックで応援お願いします。

    2010年5月20日木曜日

    フランスの電話番号

    皆さん、フランス語学習で大きなハードルの1つになっているのが数字ではないか?と思うわたしですが、皆さんはいかがですか?特に、、、

    80 quatre-vingts 
    81 quatre-vingt-un
    90 quatre-vingt-dix 

    80 から 99 まではこんがらがりますよね。

    更に、
    千は(1,000) mille ですが、 一万(10,000)は dix mille 日本語と単位が違うのも曲者です。
    つづりではmilleには s がつかないとか、、いろいろと規則もあります。




    そこでよく困るのが電話番号。



    日本語では 03-3337-7933 を ゼロ、サン- サン、サンサン、ナナ-というように言いますが、
    フランス語では zéro trois ココまでは良いとして、
    trente-trois, trente-sept, soixante-dix-neuf, trente-trois 

    というように2桁ずつで発音します。
    そこでよく間違えるのが60から99までなのです。

    言うのは良いとして、聞くのが大変です。

    まずは勇気を出して聞いてみましょう。もしかしたら複雑な数字が出てこないかも!!

    もしわからなかったら

    「Pourriez-vous répéter chiffre par chiffre s'il vous plaît ?」

    というと1桁ずつ言ってくれます。授業中などは間違えても大丈夫ですが、何か必要な事を電話で聞いたりする場合はどうしようもないですもんね。。
    これも知恵の一種と考えてよいと思います。経験からでた苦肉の策です。

    通販会社で働いていた私、時々フランスと電話でやり取りをしていました。
    そのとき困るのが商品番号、référence といいましたが、5桁ぐらいの番号なんです。
    それを数字として言ったりするので、必ず1桁ごとに確認していました。
    でもそのせいで相変わらず数字が苦手なのかもしれません、、が、、生き抜いていく上の知恵とさせてください!!

    めげずにフランス語学習頑張りましょう!


    人気ブログランキングへ こちらも1クリックで応援お願いします。

    2010年5月19日水曜日

    銀座のスイスショコラカフェ <リンツ> -Lindt-

    先週の土曜日の朝、サンパに出勤するのに銀座の並木通りを歩いていたら、
    花輪がたくさんあるシックなお店が目の前に。。

    あ、また新しいお店ね~、、と思ったところ、おなじみの文字が目にとまりました。
    Lindt」 
    あ、リンツだ~。



    路面店は見たことなかったのですが、それもそのはず、アジアで1号店とのこと。

    場所は大御所フレンチレストラン 「L'osier <ロオジェ>」の斜めまえ。
    良い立地ですよね。

    ショコラカフェというからにはそこで飲んだり食べたり出来るのでしょうか?


    行ってみたいと思っています!


    銀座には他にもいろいろchocolatier(チョコレート屋さん)がありますね。

    ● Pierre Marcolini
    ● Leonidas
    ● Godiva
    ● Neuhaus
    ● Del Ray
    などなど、他にもいろいろ。。。

    いちばん有名なのはどこでしょう? Pierre Marcoliniでしょうか?
    皆さんごひいきのチョコレート屋さんはありますか?

    チョコレート情報、ぜひ教えてください!

    人気ブログランキングへ こちらも1クリックで応援お願いします。

    2010年5月17日月曜日

    映画:パリより愛をこめて

    映画、「パリより愛をこめて」が15日から公開されています。このご近所だと、丸の内ピカデリーでしょうか。

    諜報員のジョン・トラヴォルタとジョナサン・リス・マイヤーズがテロリストと戦うアクションムービーです。スキンヘッド姿のトラヴォルタ、今回は、全てのスタントをこなしたそうです。もう、彼も50代なんですね。

    監督は、「96時間」のピエール・モレル。原案は、リュック・ベッソンです。フランスのアクションムービーには、必ずリュック・ベッソンの名前がありますね。

    ご興味のある方はぜひどうぞ!

    人気ブログランキングへ こちらも1クリックで応援お願いします。

    2010年5月15日土曜日

    Qui a dit ? (2)

    "La photographie, c'est la vérité et le cinéma, c'est vingt-quatre fois la vérité par seconde".



    Jean-Luc Godard, cinéaste suisse.
    L'extrait est tiré du film "A bout de souffle".


    人気ブログランキングへ こちらも1クリックで応援お願いします。

    La faïencerie de Gien, Loiret, France

    Bonjour, c'est Nolwenn.


    L'autre jour en me promenant à Aoyama, j'ai été surprise de découvrir une boutique de la faïencerie de Gien. La famille de mon père est originaire de la ville de Gien qui est très célèbre en France pour sa faïencerie. Donc lorsque j'ai vu cette boutique j'ai été très nostalgique et je n'ai pas pu m'empêcher d'y entrer. J'y ai reconnu beaucoup de motifs, mais c'était vraiment très cher.


    La faïencerie de Gien a été créée en 1821 par Thomas Edme Hulm. Elle a excellé dans l'art de l'imitation, et a fabriqué des copies de pièces du passé, mais avec un coût abordable. Des pièces uniques furent également créées avec le concours de peintres décorateurs de talent qui les illustrèrent de nouveaux décors ou s'inspirèrent du XVIIème et XVIIIème siècle ou de ceux d'autres faïenceries européennes ou d'Extrême Orient
    La production s'est d'abord intéressée à la vaisselle utilitaire puis elle s'est orientée vers la fabrication de services de table, de pièces décoratives et de services aux armes des grandes familles. L'importante production de lampes à pétrole ou à l'huile est une spécificité typiquement originale à Gien. L'apogée de la production des faïenciers de Gien se situa entre 1855 et 1900 et de nombreuses récompenses leur furent décernées lors des grandes expositions internationales, comme en 1855, 1867,1878, 1889 et 1900.


    Si vous voulez plus d'informations sur la faïencerie, je vous conseille d'aller faire un tour sur le site Internet
    http://www.gien.com//

     
    人気ブログランキングへ こちらも1クリックで応援お願いします。

    2010年5月13日木曜日

    フランスヴァカンス記2010 番外編 結婚おめでとう Hervé et Aurélia !!!

    Bonjour 皆様 !!!

    4 月半ばからフランスに行って来ました!ゴールデンウイーク最終日に帰国しました。
    火山噴火事件をすり抜け、空港が閉鎖になった夜、4/15夕方に滑り込みでフランスに入国しま した。

    今回も Paris, Marseille, Montbard そして半日 Reimsを旅行したのですが、メインは Le-Puy-en-Velayでした。

    「どうしてでしょうか?」

    それはですね、、今回の渡仏の理由はサンパと提携して留学プログラムを開始するHervéとAuréliaの結婚式のためでした。
    前日夜、彼らの新居に集う招待客たち↑



    ここは結婚式が行なわれた場所。

    上の写真撮影後、多くの人が前日から泊り込みました⇒




                                          市庁舎にて↑


    去年のヴァカンス記がまだ終っていないので (Montbard編がまだ~~~)、このまま行くといつ書けるのか本人も不安、、ですが。。。

    とにかく 結婚式(市庁舎の結婚式&披露宴)の様子だけ先にお目にかけます。

    そして今 年のヴァカンス記も読んで下さいね。
    またまた珍ハプニ ング満載!(嫌な事も楽しい事も。。)の予定です。



    披露宴の前、外でアペリティフから始まりました

    約一時間後 室内に移動・・・・。
    ディナーの後は、もちろんデザート。。
     
     
    披露宴でのご飯後は、、
    彼?彼女?「足に汗をかくのはどっち?」「料理を作るのは誰?」 などなど。
     
    この後は夜明けまでカラオケ・・・。

    本編では詳しくリポートいたします。楽しみに待っててくださいね!
     
    人気ブログランキングへ こちらも1クリックで応援お願いします。